ババアシーバス

DSCN7954a.jpg



あまり潮がよくなく、バチが期待できないのだけれども・・・特にすることがないので出撃。

あ、思い出した!

この・・・「特にすることがない」・・・というキーワード・・・今思い出してもムカつくぅ(笑)






昔勤めていた会社で・・・たしか誰かの歓迎会だったかな?

まあ、そんな催しがあると。

で、幹事のババアが関係者の出席の確認をしてまわると。




ババア幹事:◯月◯日◯曜日にどこそこでxxx会するんだけど、ぼらお君はその日大丈夫?

ぼらお:あ、はい、OKですよ(即答)

ババア幹事:ふーん、ぼらお君は何もすることが無いのね・・・













ハァ!?




どうやったらそんな解釈に辿り着くねん!


その日に何かしらの用事が持ち上がったとしても、その日はそのナントカ会を優先するってことやろ!


仮にババアの腐った脳ミソだとそういう短絡的な解釈になったとしてもですよ・・・普通それを本人の目前で口に出すか・・・?


ちなみにこのババアは「初対面の印象」(←恐ろしいことに話してみて抱いた印象とかではなく、パッと見た瞬間の容貌で判断するのである・・・笑)で人の格付けをする癖があって

「仕事が出来るヤツ」と評判の同僚や

「手強い交渉相手」ともっぱらウワサされる取引先の担当の方でも

コイツはバカだと思った相手ならば露骨に見下すような態度を出すのでありました・・・

もちろんこのババアが一番仕事ができない(というか正真正銘お荷物のクズ)わけなんですけどね。


そうそう、そういう最底辺のバカから馬鹿にされた時の憤懣たるや・・・ちょっとあのシーンを思い出しただけでもガチで腹立つわ!(笑)


ちなみにババア幹事が唯一できた仕事が

「頭の悪さを利用してこじれた話を終わらせる役目を果たす」

・・・というもの。

きっとあまりのアタマの悪さに相手は精魂尽き果てしまい「もう何言ってもダメや・・・」という諦めの心境に至るのでしょう。




そういうわけで



どんなクズにも出来ることが一つくらいある



この考えを今回の釣行のテーマにしてみることにします。



つまり・・・


・ニョロニョロ125
・サヨリス120


みたいな、自分的にはどうしようもないルアーであると認定されたルアーを積極的に使おうと・・・


しましたが、数投してすぐにババア幹事の事を思い出してまたムカつきだしたのでやっぱり止めました。




DSCN7952.jpg



ハァ・・・スッキリ・・・


あんな人でもきっとぼらおさんが知らない美徳の一つや二つ備えていたんだろうナ
ちょっとした掛け違いがあってお互いの本質が見えなかったんだろうナ


今なら許すわ・・・



DSCN7953.jpg



・・・あ、60どころか55無いんか・・・




やっぱり許さんわ!





ちなみに超ショートバイト2連発のあとにやっと拾えた1匹。

このあと2匹バラシ(1匹は足元でバラシ・・・多分40あるなし)

そこで最近お気に入りになりつつあるレイジースリム110にチェンジして・・・



DSCN7958.jpg



35くらいのセイゴ


このレイジースリムで1回、一連のショートバイト群とは明らかに違う異質なバイトが発生。


ティップの入り方からみて、結構なサイズだったと思います。


惜しむらくは、超ショートバイト対策でワザとフッキングを一呼吸おいてから入れるようにしていたため、入れたフッキング動作がこの異質のバイトには合わなかった(遅すぎた)こと。


あー、惜しかったナ。
この晩のコンディションだと、潮もシーバスも動くことはもうないだろう・・・


こういう貴重なワンチャンを形にできないと悔しいですよね~
眠くなりそうな退屈な雰囲気から、突如としてこういうことが起こりうるからシーバスは侮れない。



最後にマニック155を適当に投げて



DSCN7962.jpg



マニック155とそれほど変わらない長さのメザシーバスをゲット。


オマエ、これ飲み込めないやろ・・・


ババア幹事みたいにできんヤツやな!


にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村







こんなタックルを使っています









関連記事