【ガチ】折りたたみ可能なウェーディングステッキが999円【自作より安い?】

DSCN8220.jpg




格安の伸縮自在トレッキングポール


アマゾンの★1~2レビューによると:


「伸縮部が壊れた品が届いた」・・・2名(返品できるらしい)

「ステッキでもなんでもない空気マットが届いた」 ・・・2名(爆笑)

「長すぎ」 ・・・複数名(トレッキングポールとして使わないから無視)

「ブランクが柔らかすぎ」・・・1名(トレッキングポールとして使わないならさほど重要ではない)


これらを除くとワリと真面目にウェーディングステッキに転用できるんじゃないかと思って、その値段(なんと999円!)を数度確認した後にポチってみました。


DSCN8225.jpg




えっ!?


オマエあれ持ってなかったっけ・・・アレよアレ。



DSCN0913.jpg




パズデザインのウェーディングスタッフでしょ?


もちろん今でもフツーに使ってますよ!


節が固着して折りたためなくなったことと、伸縮調整器具にサビが目立つようになったことを除いては。


DSCN8226.jpg


おそらく、将来的には↑ココがダメになってしまうであろうことが予見できているので、今のうちから代替品を(それもなるべく安く)探しておこうと思っていたところに、たまたま今回紹介するこのブツを見つけたのであります(笑)


999円なら失敗したって別にいーだろ!


というワケで、早速到着したブツを調べてみると・・・キャンプ用のエアマットじゃなかっ(まずは第一関門を通過)

次に悪評が目立った伸縮調整器具を調べてみると・・・


DSCN8227.jpg


ノープロブレム


原理はパズデザインのヤツとまったく同じ。
ちなみに伸縮可能な寸法もまったく同じ。

相違点があるとすれば・・・


DSCN8229.jpg


ココ

パズデザインは脱着が不可能ですが、コヤツは可能(当然そのメリットは一切ない・・・不安要素でしかない)・・・ただし、ココが勝手に脱落するような予兆はいまのところ見えません。
器具を締めている状態から抜いてみようとして、めちゃくちゃ力いれても無理でした。

ちなみにグリップの握り心地はかなりイイものです。

先端のトレッキングポール用の石突(?)輪っか(?)みたいな樹脂パーツは簡単に取り外せます・・・ウェーディングステッキ用としては砂泥に突き刺せるほうがなにかと便利ですからね。

んでもって比較:


DSCN8228.jpg


左:999円のノーブランド格安品
右:13000~14000円のパズデザイン製


いきなりですが結論です・・・


正直・・・ウェーディングステッキとして使うなら差は殆ど無いです


たしかに999円ステッキのブランクは柔らかいのですが


>すんごい柔らかい!
>ポールついた先で弓なりに曲がったとき、あまりのことに大笑いしました。
>笑わせてくれてありがとう(^^)
>2人のお客様がこれが役に立ったと考えています

(アマゾンのレビューより引用)


これを読んで覚悟していたレベルで酷くはなかったです

パズデザインの張り具合がGクラフトのバットとしたら、この格安の張り具合はヤマガブランクスのバットくらい・・・(笑)

むしろ拍子抜けというか、えっ、何これ、普通に体重掛けていいじゃん!

・・・みたいな驚きがありました。

一歩一歩体重を乗せて使われるトレッキングポールとして使われた時の感想と、「地雷探知機」(+ときどき段差乗り越えで体重掛け)として使われるウェーディングステッキとして使われた時の感想の違いでしょうね。


DSCN8221.jpg


懸念していたエアマットが届く伸縮調整器具の不具合と柔らかすぎるブランクの問題が消えてしまった以上、こういう(害のない)謎のロゴとか謎の模様のほうが気になったり(苦笑)


DSCN8223.jpg


↑あっ、パズデザインのウェーディングスタッフユーザーならこの写真を見ると理解してもらえるはず・・・


よく出来ているでしょ!


つーかどうすんだよパズデザインさんよぉ・・・


999円だよ、999円・・・


というわけで、これ、かなりオススメします・・・サブとしても、初めての1本としても。

特にウェーディングしてるしエイの怖さも知ってるけどエイ対策のアイテムって高いからいいや、みたいな人に。





・・・ただし、不良品が届いた場合や、エアマットが届いた場合、その責任はぼくちんおよびこのブログにはありませんのであしからず(笑)
関連記事