磯ヒラスズキにあまり必要ではないルアーって何なの?①

cat126IMGL6511_TP_V.jpg


あれ・・・

ネットで調べたら「必ず要る」って書いてあったのに・・・






言われているほど必須だと感じないジャンルの筆頭はミッドダイバー

代表的なルアー:ショアラインシャイナー MM130/ショアラインシャイナーZセットアッパー125S-DR

自分が磯ヒラを始めるにあたってイロイロと調べた際、口うるさいほど出てきたのがこのミッドダイバー系のミノー



DSCN8256.jpg



その口上も判で押したかのように同じようなものばかりで・・・


「表層には来ない磯ヒラを攻略!足元までキッチリ巻けます!」


みたいな(苦笑)

自分はサーフフラット用のを何本か持っていたので、磯ヒラに持っていって何度か使ってみました・・・良さげなら磯ヒラ向きなカラーで揃えるかな、として。

これらミッドダイバー系のミノーは指向性が確かに磯ヒラに近い(水噛みがよい・足元まで巻ける・リップの空気抵抗がほとんどないためかなり飛ぶ)のですが・・・「特に必要ではない」というのが自分の結論です。

>足元までキッチリ巻ける
(足元を含めた)ポイントへのアプローチのしかたによっては必ずしもミッドダイバーを使う必要はありません。
まず最初に自分が入る足場の下を別の足場(トレースコース)から引いてみる・・・なんてことは普通の磯ヒラテクニックです。
また、「足元までキッチリ」というのはミッドダイバーの専売特許ではないんですね・・・リップ形状や重心位置システム(非キャスト時に重心を固定するシステムが良い)が優れるミノーがあれば同じことができますし、早い話がバイブを使えばいいわけですから。

>下のレンジを攻略
バイブでOKというか、磯ヒラでミッドダイバーを使ってもあまり「下のレンジ攻略」になっていませんね。



DSCN8255.jpg



>よく飛ぶ
これがミッドダイバー(のリップの)一番のメリットというか、磯ヒラで嬉しい副産物だと思います。
・・・が、飛距離だけを考えるとヘビーシンペンの圧勝

要するにミッドダイバー系のミノーは帯に短し襷に長しで、別にあってもいいけど無くても困らない系のルアーなんですね。
ミノー・バイブ・ヘビーシンペンという主力ジャンルのルアー(と工夫で)ミッドダイバーの仕事はカバーできちゃうんです。

問題はそういう性格のルアーを磯ヒラに持っていくか・・・ということ。

身軽さが求められる磯ヒラでは携行するルアーケースもルアーの数も厳選されていますから、「別にあってもいいけど無くても困らない」みたいなルアーを持っていく人は自ずと少数派になるわけです。

・・・ということで、自分は磯ヒラ的なカラーのミッドダイバーを買い足すことはありませんでしたし、フラット用として所有しているミッドダイバーを現場に持っていくこともなくなりました。

もう一言、ミッドダイバーに関して付け加えておくと、磯ヒラは【表層近くでサラシに揉まれるミノー】が大好きであって、下のレンジを探れるミノーというのものは必ずしもプラス要素ではないなんじゃないかな、と思うところがあります。

磯ヒラは目がいいですから(小さなバイブならいざしらず)大きなミノーをヒラスズキの目先に近づけてプレゼンしてもあまり良いことではないんじゃないかなぁ・・・と。




磯ヒラにメタルジグっているの?

代表的なルアー:30~40gの後方重心のただ巻き系メタルジグ


要らんとです


誤解なきように言っておきますが、サラシが薄くて磯ヒラの望みが薄い時にお土産用として底物を狙うためとか、青物のナブラ撃ち用に持っていくとかはアリです。

ただし、純粋に磯ヒラを狙うためのルアーとしてメタルジグは必要ありません・・・かつてメタルジグが担ったであろう「強い逆風対策/超遠投用ルアー」として役割は、今はヘビーシンペンが果たしています。



KIMG9005



ヒラスズキは正統派ジギングの動き・・・つまり上からヒラヒラとジグが落ちてきて、とある瞬間からモワァッモワァッっと舞い上がって時々水平にヒラ打つようなジャーキングアクションはお好きではないようです・・・
いや、むしろ(確証はありませんが)お嫌いといってもよろしいようです・・・


どうしても磯ヒラでメタルジグを使うなら、ただ巻きでナチュラルなウォブリングが出る奴を、ロッドアクションなしの表層早巻きで。
極端にベイトが小さかったり、大きな群が入っていてベイトの取り合い状態になっていれば、あるいは「メタルジグがいい」というシチュエーションが成立するかもしれませんが、そういう状態でなかったら・・・つまり「普通の磯ヒラ」では

・見破られやすくスレさせるのが早い、やや不自然なアクションが不安
・サラシの中でアピール力欠けるシルエットが不安
・「デッドスロー」や「ステイ」が不可能なレンジキープ力が不安
・回収時に足元にぶつけるとボディがすぐに曲がってしまって不安

これらの要素がとてもネガティブで、心情的にあまり使いたくなくなります・・・・メタルジグが磯ヒラでほとんど使われないのも頷けますね、ヘビーシンペンが進化した今の世だと特に。





(つづくかも)
関連記事