ダイワ クールライン アルファ2 GU1000X/LS

KIMG2460.jpg


これくらいの容量のクーラーボックスって選択肢が多すぎて次から次へと目移りしてしまいますよね・・・(笑)


候補に上がったのは下記4機種で、考えに考えた結果、もっともシンプルでもっともコストパフォーマンスがいいGU1000Xを選びました。


・S1000X/LS
・GU1000X/LS
・SU1000X
・SU1000X SURF


ちなみにダイワの小型クーラーは頭に付く文字がそれぞれ断熱材の素材を表します

S=スチロール断熱材 軽いが保冷力は弱い
GU=発泡ウレタン そこそこ軽くそこそこ冷える
SU=発泡ウレタン+1面真空パネル ちょっと重くて一番冷える

数値は容量のこと

1000=10L

語尾の“LS”はロッドホルダーと小物ケースが付属していることを指します。

自分が買ったヤツはLSではありません。

ちなみに別売りされているので後付可能。





最初に選定から脱落したのはSU1000X SURF



一番キス釣りに向いているヤツ・・・本格投げ師が使っているのをよく見ます。
キス釣りに必要な機能が全部コミコミのパッケージで保冷力もスグレモノ。
ただし、お値段も中々・・・うーん、やめとこ


次に脱落したのがS1000X/LS



キス釣りにそれほどの保冷力は求められないにしても、スチロールだと不安だし、「LS」をつけるとちょっとお値段が高く、LSをつけない素のS1000Xだと肩ベルトすらついてないのが不満。


ということで残された選択肢である

・GU1000X
・GU1000XLS
・SU1000X

の間を迷いに迷って・・・

「本当に自分に必要なもの」をよく考えた結果、そこそこの保冷力とシンプルな機能にリーズナブルな価格のGU1000Xに落ち着きました。

ちなみにGU1000XとSU1000Xは自重の違い(つまり真空パネル1枚の差)は100gしかなく、そこが一番の悩みでした・・・





ま、ロッドホルダーが必要なら後から買えばええし、長時間の保冷力が必要なら車に戻ってスペーザベイシスにぶちこめばええやんかと割り切ったらGU1000Xに落ち着きました。


想定される使い方は

1.キス
2.アジ
3.離島徒歩釣行

どれにしても頻度はそれほど高くないんです。

そういう使い方をするものに多くのリソース(つまりはお金・・・笑)を注ぎ込むのは考えものですし、ね。


KIMG2502.jpg


重量は2.6kg

・・・ま、軽くもなく重くもなく。

ちなみにクーラーには「軽いけど保冷力がいい」みたいな都合の良いことは存在しません。


KIMG2501.jpg


ペットボトルは500mlが8本収納可能。
900ml~1000mlの太いボトルでも5本くらいは収納可能。
ただし、2Lのボトルはどうやっても入りません。

「ペットボトル氷」は保冷力がイマイチですが、いざという時に飲めるので夏季はペットボトル氷を使ってます。

小さなクーラーに保冷剤はデッドスペースが生まれるので嫌いですネ。

40~50cmくらいのヒラメやマゴチは工夫すると入りそうです。


KIMG2504.jpg


釣れたキスなりアジなりはこの穴から投入可能
フタの開け閉めをなるべくしないことで保冷力UP


KIMG2505.jpg


やっぱりランガンするクーラーにはベルトが必要でしょ!
GUとSUにはデフォルトで付いています(Sにはついていません)。
ハンドルも頑丈で持ちやすいです。


肝心の保冷力はというと・・・2kgの氷を入れて真夏のサーフでキス投げ釣りをマズメから10~11時までやっても、中は冷え冷えで合格。
もちろんその間に飲料の取り出しや釣れたキスの整理(?)みたいなことを何度もやっています。
家に帰るまでさらに1時間かかっても氷が残っていたので言うことなしですね。


GUでコレなんで、SUはもっと良いのでしょうけれど、自分が想定する運用方法ではGUでも充足的です。
というか、ダイワの1000サイズクーラーにはSUより上のグレード(つまり真空パネルマシマシモデル)がないので、この容量である一定レベル以上の保冷力を追求するのは非効率的なんでしょうね。
これくらいでエエんや!(強がり)


ちなみにフタも本体も想像していたよりしっかりした作りになっているので普通に座れます。
歩くのに疲れた際にどうぞ。


・・・というわけで、無事(?)に小型クーラーの選定と入手を終えることができました。

いまのところ数回のキス釣行と夏の生鮮食品のお買い物にしか使っていませんが


ぶっちゃけ、満足度はかなり高いです。


今度これ持って離島いってみよっと!









あっ、ロッドホルダーの有無の差・・・つまりは素のGU1000Xとロッドホルダー/小物入れ付きのGU1000XLS、どちらを選ぶべきかという件についてですが

堤防アジングとかメバリングのような釣り用途ならば、ロッドとリールを守るためにも利便性のためにもロッドホルダーがあったほうがいい・・・つまりGU1000XLSがいいと思います。

ただし、サーフでキスをするなら垂直にロッドを立てるロッドホルダーよりも、斜めに立て掛けるロッドスタンドが重宝されると思います(SU1000X SURFについているようなヤツ)。



まあ、あって困るようなものではありませんが、ゴチャゴチャする外観が嫌いな人とか、アジングをあまり嗜まない人は素の1000Xでよろしいかと。
必要になった段階で「CPマルチキーパー」を後付けすることは可能です。


関連記事