ワイ将、禁断のヒラスズキに手を出してしまう

DSCN8582.jpg



激しい運動はゼッタイに・・・絶対にするな!


と、言われているんですが


ンなコト言われたら(特にしたいわけでないのに)したくなるのが男心というもの(ウフフフ


シーバスウェーディングも浸かる時間を気にしながらやっているような体調で夕マズメに突撃。





DSCN8572.jpg


この蜘蛛の巣(笑)



まあ単純なことなんですが・・・・磯までの道に蜘蛛の巣が張っているっていうことは、その日はだれもそこを通ってないっていうことなんですね。



サラシの密度が十分なのは確認済み・・・
人に入られていない処女磯・・・
ま、その、あとはベイト次第といいますか・・・




なんてもっともらしいことを言っていますが、実はこの時点ですでに勝った気でいます(笑)



経路を踏破した直後の荒い呼吸を落ち着かせ、体を軽くするために余計なものを一ヶ所に安置し、ガイドに糸を通してから今日は何のルアーから始めようかと少しわざとらしく迷ってみせる・・・




大体にしてヒラスズキ釣りの高揚感のピークはこの辺にありますナ。
ホラ、入り口で写真を吟味している時がイチバンわくわくする瞬間じゃないですか


で、お盛んなサラシに向けて早速・・・













どかーん!



DSCN8575.jpg



嗚呼、この感触、堪りませぬ・・・



DSCN8588.jpg



一匹目は太った70up


やっぱりヒラスズキは何度釣ってもよか魚じゃのう(何故か広島弁になる)



フックが太いので安心してズリ上げました


釣ったあとに同じところに同じルアーを投げると・・・乗らないバイトがあって、沈黙。


場所をすこし移動して・・・



DSCN8599.jpg



ちょっとというか、かなりサイズダウン(50ちょいくらい?)するも



DSCN8602.jpg



サラシではなく流れを攻めて出した結果なので納得&満足の1匹



再び最初の1匹を釣ったポイントに戻って・・・



DSCN8603.jpg



痛恨のバラシというか、ズリ上げ時にバイバイして叫んでしまう・・・
サイズは1匹目とほぼ同じ



それからまた歩いて・・・



DSCN8605.jpg



ラインブレイク・・・


・かなり難易度の高いピンポイントにさっきのアイルマグネットを投げる
・一ヒラスズキ釣行の中で2~3回でるかでないかの会心の精度のキャストになる
・潮の流れの向き、風向き、ラインスラックの状態、アイルマグネットの泳ぎ、全てが完璧な状態でポイントに差し掛かる
・当然のようにヒットする
・アワセを入れようとする瞬間にエアノットがトップガイドから数m先に出来ているのを発見する
・エアノットの団子をスプールに収めてからアワセるか、このままアワセるか一瞬迷う
・だましだまし数m回収できそうだったけれど、ヒットポイントが本当に厳しいポイントだったのでそのままアワセることにする
・アワセて魚の重みをより強く感じた瞬間、エアノットの部分からラインブレイク


これ、ゾーンに入った状態で全部スロモで視てたんですね。

ホントに夢に出てきそうなバラシシーンになりました・・・


結局、これで終了。

始めてから撤退までに合計5回のチャンスがあって、内4回がクリーンなフック・オンで、内2回がゲット。

ま、こんなもんでしょうな。

本当は時間的猶予があったので別の磯に入り直したかったのですが、どの磯にも先行者がいて無理でした。

さ、主治医にヒラスズキの写真を見せびらかしてやろう(笑)

使ったルアーズ

先発投入して1匹目を釣り上げたのはいつも使ってる裂○にクリソツなこいつ
このチャート(オレンジベリー)ホロっていうカラーは荒れている磯ではホントによく釣れると思う
ロストしたアイルマグネットもいいカラーだった・・・


DSCN8591.jpg


使っているこのフックはST56#2と殆ど同じサイズと太さで、70upのデブヒラをズリ上げても曲がらんかった。
強さと安さ、それに刺さりの良さは合格かな。


DSCN8592.jpg


ただし、磯で使うとどうしても先が潰れるから謳われている防錆性能がヒラスズキで活きることはレアだと思う(苦笑)
ま、安くて使えりゃいいや。

こんなタックルを使っています







関連記事