サンデーヒラスズキ

KIMG2818.jpg


It's just another manic Monday Sunday
I wish it was Sunday Monday
'Cause that's my fun day
My I don't have to run day
It's just another manic Monday Sunday






ああ、この日が月曜日・・・いや、月曜日に限らず平日だったらどれだけ嬉しかったことか・・・





【ケース・スタディ①】
ノーライジャケ・ノー磯靴・ノー防水着(レインウェアの類さえナシ)の猛者
あのさぁ、その磯たしかに足場たかいけどさぁ・・・
つぅーかさぁ、この荒れ具合でどうやってその小さなタモで取り込むの?


【ケース・スタディ②】
アリバイ作り
その磯は足場が低く、荒れた日は全面的に波を被りやすいので慎重な見極めが要求される磯・・・
当日は『干潮止まり前に風が衰えたら軽装ウェットスーツで』という条件で入れるかどうかの厳しいコンディション・・・少なくとも次のランガン候補として遠くから観察している分にはそう見える。
そして下げ5分にもかかわらずその磯に降りる命知らずの猛者・・・かと思いきや装備がヤバすぎる(ライジャケは見えたが下も上も普段着でノー防水)
ハラハラしながら見ていたら、案の定、ロクに釣座を確保することすらできずに右往左往するばかり。
そして水飛沫を嫌って異様なポジション(超後方)から投げ始めるが・・・それ、「ボクは今日ヒラスズキをしました」って自分を納得させるため、心理的アリバイ作りのために投げてないかい・・・?
というか、安全と思ってるソコも普通に被るんですけど・・・


【ケース・スタディ③】
先行者が居るってわかっているのに小規模磯に降りてくよ!
それ、絶対にギスギスするやつですやん・・・



やっぱり磯ヒラ日和と日祝祭日が重なるとハラハラします・・・余計なお世話かもしれないけど。

ハラハラ感とは別のハナシですが「ちょっとそれは止めたほうがいいんじゃない?」的なシーンを見る度に、磯ヒラっていう釣りは安易に広めたらいかんよなぁと自粛の念というか、自己規制の考えというか、そういうモノが頭をよぎってしまいます。
「ヒラスズキを極める」カテゴリーの筆が遅いのはこれが理由だったりする・・・

その点、ウェーダー装備でリスクを取らず、瀬渡しを使って安全管理に余念がないシマノTVのヒラスズキ系番組は本当に尊敬しますネ。
特に瀬渡しの船長が安全と判断したレベルの海で結果を出すってところが、視聴者へ安全面の啓蒙ができていて素晴らしいと思います。





さておき、自分は自分のペースで・・・狙った磯への朝マズメ入りに成功





ローライトのサラシには、セオリー通り・・・パールチャートからで・・・ドンッ!



KIMG2803.jpg



でも・・・ち、ちいさい・・・



KIMG2800.jpg



スレ掛かりで傷つけてしまったので早めにポイッとリリース。

この魚で気になったのが、自分の眼には「かなりいいようにみえるポイント」を通して出てきたのがミニサイズだったということ・・・

俊敏性に長けるコイツがレギュラーサイズに先んじてルアーをひったくったのだと信じてキャストを続けると・・・




ん?




なんか、チェイスしているような、反転の鱗の反射が見えたような?


でも、食わないような・・・?


そこで軽くトゥイッチを入れると、コツン!と軽いバイト発生。


フックに接触した感じがあったので間をおかずに投げても意味がなさそう・・・ひとまず場を休めます。


んー、ミノーの安定した泳ぎはあんまり良くないんか?
(さっきのヒラセイゴはローライトもローライトの中の出来事なので例外とみるべきか)


こういう時は大体

A)小さいルアーが効く
B)シンペンの脱力アクションが効く
C)トップ系が効く
D)レンジが違う
E) A B C D の複合要素が絡み合う

ちょっと他のポイントに20分くらいシンペンで浮気します(つまりAとBを試した)が、気配がないのでトップ・・・つまりCを試しに最初のヒットゾーンに戻ります。

ソルトスキマーでちょいちょい忙しくドッグウォークしようと思ったんですが、いざやりはじめると使っているロッドがそういうアクションと相性が悪く、おまけにピッチ間隔が短い小刻みのウネリがあって上手くできないんです。

もっとダイブ系の“ゆっくり操作で余韻が残るトップ”がええなとルアーケースを探したら・・・あるじゃないですか




ジンペン105mm

ちょっと遠投して、水に馴染ませて、ウネリから飛び出さないようなリズムを試してからダイブ主体のアクションでヒットゾーンに引っ張ってくると・・・



DSCN8610.jpg



ボフッ!



ああ~

イイ

イイよ~



これ以上ないフッキングだという確信があったので慌てず緩めずいなします。



KIMG2806.jpg



サイズどんなん?



KIMG2809a.jpg



ンふ~



ブリブリに太った70up・・・トップで獲ると喜びもひとしお!

引き摺り出してやった感がスゲーあります(笑)

んじゃ今日はトップで連発だと思いきや・・・これでその場は終了。

多分ベイトが寄ってないんでしょうね。

ベイトの多寡に関わらず夜はとりあえず岸に寄ってきた個体があった、それらの個体も陽が登るとベイトの薄さを嫌って出ていった、と。



DSCN8643.jpg

ベイトはおそらくこういう計算できない雑魚(文字通りの雑魚)




ルアーをミノーに戻してあちこち丁寧に探っていると、ポフッと最後の一匹が飛び出してきました。

・・・が、その前に根掛かりを外した時にショックリーダーがPEによって締め込まれすぎていたようで、結束部位(フロロ35lbが)がアワセ切れしてしまいました。



KIMG2825.jpg

あらヤだわ・・・使用ロッドがバレちゃった!
やっぱりこのロッドは太った65upくらいから楽しくなりますワ・・・曲がり具合に惚れ惚れ♪
久しぶりに取り出しましたが、これはもっと使い込んでやらんといかんね!




当然、この後も再結束して続けたのですが、特筆するようなことは一切起きず、別の磯へランガンすることもできそうになく、釣行終了と相成りました。

4 hit 2 getでフィニッシュです。



DSCN8613.jpg



さあ帰りましょっと!



DSCN8639.jpg



I wish it was Monday


使ったルアーズ


KIMG2803.jpg


やっぱり朝マズメの一番はこのカラー効くなぁ・・・


こんなタックルを使っています








関連記事