スウィーピング・ヒラスズキ

DSCN8720a.jpg


自分の成長を実感する時ほど嬉しい瞬間ってないですよね


え?

人の成長?


・・・どうでもいいわ・・・





薄暗い中・・・といっても、普通にライトなしで問題ないくらいの光量の中、テキパキと準備を整えて出陣します。


風、波ともに「ちょうどいい」くらいで期待感が膨らみ・・・先行者の影も見当たらず、ベイトの入り次第ではランガンパラダイス・・・みたいな勝手な妄想に耽りながらの釣行開始。







うーん、こりゃ渋いね。



まず、ベイトが居ないっす

それから、サラシが思いのほか「薄っぺらい」です。

なんか、こう、表層で波がちゃぽんちゃぽんしてる感じで、水中に厚みのある気泡が広がってないんですね。

マジかよこれ、何がランガンパラダイスだよこの野郎!

なんて悪態をつきながら一通り撃って回って、この日用意されているオプションを吟味します。


A:ベイトが入っていなくても夜とりあえず接岸したヒラを数撃ちゃ当たる方式で狙う・・・すぐさま隣接磯へ移動
B:このエリアはベイト事情が絶望的なので大きく移動する
C:とりあえずここで粘る



最初に消えたのは・・・B
ここでサラシが微妙なら他はもっと厳しいに違いないという考えから。


次に潮位の問題からAを排除
ライバルが少ないこと、つまり理想の潮位になるまで誰も入らないであろうことを考えるならば、今すぐに立ち去るのは早計というもの。


最近 「確信」 を懐きつつあるメソッドを試すべくC・・・すなわちここで粘ることにします。

あ、思わせぶりは止めておきます。





インプレリクエストルアーである「タフマニアンデブル」や「ブローウィン140S」のロッドアクションを試している内に、ミノーを用いた準トップアクションはヒラスズキに効く・・・と気が付き、そして次第に準トップはミノーならなんでもいいんじゃないかと思って色々試してみたんですよね。


で、浮かび上がってきた中間結論が、コレ:


スローフローティング~サスペンド~スローシンキングでロッドアクションを与えたあとの水の抵抗の抜けがいいリップレスミノーのスウィープが特に効く


やり方は、まんま、ダイペンで青物狙う感じです(当然、入力操作は青物のそれよりおとなしい)


普通にただ巻きしながらベリーを使ってゆっくり、箒で地面を掃くように、スウィープ。
スウィープを入れたらルアーが慣性で前進するのを待って(大抵の場合ココでヒット)リールでラインスラックを回収。
スラックは完全に解消せず、ほどよい弛みを保ちながら、普通にただ巻き。
普通にただ巻きしながらベリーを使ってゆっくり・・・



青物狙いと違ってサラシの中に潜むヒラスズキを誘い出すためのメソッドなので、ゆっくり落ち着いてやります。


使用ロッドの特性とか、使い手の癖とかが絡んでくることなので一概にどのリップレスミノーがいいかなんて決められないことだと思いますが、実は何の変哲もない磯ヒラミノーの代表格である裂波140こそが最強なんじゃないかと個人的には感じる次第です(笑)



この場で粘るにあたり、ミノーのスウィーピングをネチネチしたら出てくるんじゃないかというポイントを、重点的に狙うことにします。


で、ここ。


DSCN8728.jpg


磯に食い込んだ割れ目・・・クラックがあります
この写真は「事後」撮ったものです
キワに沿って薄いサラシが出ている以外、なんの変哲もないポイントですが(水深はかなりあります)・・・


DSCN8727.jpg


ここのクラックには何故か魚がつくんですね。
人はこのキワに沿ってタイトに通そうとしまうが、自分の経験からするとここから出るのは磯の先端とこのクラックの2ヶ所だけです。

おそらく水中では絶壁になっていて、表面的にはサラシてたとしてもベイトもヒラスズキも身を隠すところがないんでしょう。


crack2.jpg


そうなると魚の付き場なんて無いように見えるのですが、どうもこの細いクラック


crack3.jpg


ここだけ下がかなりエグレていてオーバーハングしているっぽいんです・・・ヒラスズキがピンで定位できるポイントになっているんですネ。
活性が高いときはルアーを普通に通すだけで表層まで食い上げてくるんですが、当日は数回のトライでダメ。


crack4.jpg


んじゃあここでスウィーピングを試してやろうと。
もし効くのであるならば、↑の画像のように潜んでいて、上を通るルアーをみてるけど食わないヤツが出るはずだと。











マジですみません


DSCN8724a.jpg


パツイチで出ましたわ



サイズは全然大したことないですけど、読み通り、狙い通りに「誘い出し」で仕留めると快感度MAXですわ!


crack5.jpg


あ、すんません・・・モノホンの裂波140を忘れていたので実際に使ったルアーは“もどき”ですが、原理はまったく同じです。
モドキはスウィーピングするにはちょっと浮力が高いので大きめのフックを付けて浮力を殺しています


DSCN8722.jpg


ぶっちゃけいうとルアーは裂波140じゃなくても全然OK・・・多分リップ付きのミノーでもリップの形状が細く横に水が抜けるようであれば出来ると思います(水噛みがいい系、足元までキッチリ巻ける系は多分ダメ)。

まあ、なんにせよリップ付きよりはリップレスのほうが「抜け」のアクションが良い気がしますね。


DSCN8730a.jpg


↑は別のピンポイントで、ハードコアTT115MDを使って同じメソッドでバイトが出た直後の写真・・・これはクリーンにフッキングせず。
コレも浮力を殺すために大型フックを付けてます
裂波140がイイのはデフォルトの状態でちょうどいい設定になっているところ・・・何もしなくても「入り」のアクションも「抜け」のアクションも両方ええ感じです。


DSCN8747.jpg


↑は悪ノリしてリップレスはリップレスでも究極的に水噛みのいいアイルマグネットDBでやった時の写真・・・流石に無理でした(笑)
スウィーピングとは関係ないストラクチャー狙いの早巻きで1ヒット出しましたが、途中でバレ(感触からすると40cm台のヒラセイゴ)。


結局、この磯は粘ることによって渋いながらも3バイト(1ゲット)を引き出すことに成功。




周辺海域もきっと渋いだろうとわかってはいたけれど、ランガン日和だったのでこの後ロッドをUC11にチェンジしてGO!

実は1ヶ所目の途中から風が強くなってSHORE11だと精度あるキャスティングが厳しくなってたんです
このロッドはスウィーピングとかなり相性がいいし、掛けたあとの曲がりが最高にイカすんだけれども、そこは低中弾性の悲しさよ・・・風に弱いんですね
なんというか、こう、同窓会でクラスのマドンナで密かに好きだった女の子を久しぶりに見たら、二重あごの三段腹になっているのをみて幻滅してしまったとか・・・そういう「見たくないものを見てしまった」系の悲哀があるんです


DSCN8754.jpg


モノホンの裂波140を持ち出してさらに2ヶ所を回り・・・・



DSCN8753.jpg



全く同じスウィーピングメソッドで1バイト(乗らず)で終了

強調しておきますが、当日出たバイトは全て、普通に数回通してそれで何も出なかったのを確認した後のことです。

この裂波は付けているフックが悪かった・・・ST-31タイプのネムリバリで刺さりが悪かった。
もうこのタイプは絶対にヒラスズキに使わんわ!(憤怒)


さ、帰ろう。



DSCN8761.jpg



この釣行を総括すると、とにかく“濃い”釣行でした。


「大きな魚を釣った」とか「多くの魚を釣った」という原始的満足感は低い(つーか歩行距離に見合うものではなくキツすぎ)のですが、こういう釣りを楽しめている自分のことが嫌いじゃないです(ナルシズム全開)

使ったルアーズ




裂波140・・・磯ヒラスウィーピングをやるなら、とりあえずお勧め

ちなみにこっちのモドキでも似たようなことができます・・・安いし、ね(笑)

こんなタックルを使っています






関連記事