ねっとり濃厚なサラシからヒラスズキが○連発!?

DSCN9144.jpg



予想を遥かに越える大荒れとなった磯・・・

自分が知る限りこのような海況で入れるフィールドは高い足場の2ヶ所だけ

その内の1ヶ所に入って針を垂らしてみると、僅かに2バイト(1バラシ1乗らず)を得ただけで終わり

この荒れ具合だとヒラスズキが定位できていないか、実はベイトが寄せられていないかのどちらか・・・この辺でやっても無駄だなと思って、もう一方のやれそうなポイントも諦めて大きく移動してからの爆釣劇。



DSCN9119.jpg





DSCN9139.jpg


えっさほいさと、もう少し穏やか(なハズ)の海を目指して・・・


DSCN9138.jpg


ン・・・


マ、いいでしょう


こんなもんか



で・・・まずは奇策を取らずに、王道の攻略法・・・すなわち、ミノーでサラシをしっかりタイトに攻めてみることにする


DSCN9160.jpg


ちょっと浅く薄いサラシをミノーが通った瞬間、黒い影が出てくるのが見える(お~)

乗らないのも見える(あ~)

サラシの終わりを抜けようとすると別の魚が凄い勢いでバイトするのが見える(ぬお~)

フッキングをしっかり極めたのち、そのままぶっこ抜き


DSCN9129.jpg


んあ・・・小さいけど嬉しい!


同じポイントにまた投げてみる


DSCN9132.jpg


また同じくらいのが釣れる


調子にのって同じポイントにまた投げてみる・・・サラシを通すと出てくるのが見えるけど、何故か乗らないのでルアーが見切られたかと思ってサイズダウンしたりなんたり、小手先の技術で騙そうと頑張る内に場所が完全に沈黙する(苦笑)


でも収穫はあった・・・


①ここにヒラスズキはいる
②ここのヒラスズキの活性は高い
③今日はこのミノーと心中する



こういうことだな!


っつーことで先に進みながら撃っていくと・・・


出る・・・イイなと思ったサラシを撃てば出るけど、クリーンなフッキングに至るバイトが少ない。


さっきみたいなヒラセイゴばっかりなんかいな・・・?
だとしたらUC11にはちょっとキツイな



なんて考えていると・・・バコン!


おおっいい出方したやんけ!


DSCN9145.jpg


スナップやスプリットリング・ソリッドリングの類を全て忘れてしまったのでフリーノットで結んでいます


DSCN9149.jpg


んー、いい・・・とってもいいよ、キミ。


リリースして・・・


DSCN9155.jpg


あー!オマエかっ!!

というか、どうしても捉えきれないバイトの犯人はアラカブか何か、根魚じゃないかと疑っていたんですよね・・・磯際でアタって反転していくそのお腹が赤っぽかったもんで。

多分、その反転だけはアラカブで、ほかの乗らないバイトの大多数はおチヌ様、時々ヒラセイゴって感じなんでしょう。

際をタイトに攻めすぎるとチヌ、ちょっと沖目を流すとヒラスズキ・・・って棲み分けになってるのかな。


んじゃあ際はいいやってことで沖を流せば出るわ出るわ・・・



DSCN9163a.jpg



・・・と言いたいトコロだけどやっぱりヒラセイゴが多い(笑)

UC11だとこれくらいのサイズはどうしても弾き&途中バラしが多くなってしまう

↑これは当日の4匹目だけど、多分出たバイトは二桁行ってたハズ。


DSCN9165.jpg


最後にグッドサイズを追加して・・・潮位的に終わり


DSCN9167.jpg


ヒラ5(内セイゴ3)
ヌーチー様1
乗らないバイト多すぎて覚えていない
チヌ・セイゴ・アラカブ(?)の比率は6:3:1くらいと思われる
セイゴバラシ多すぎて覚えてない


ま、結果はともあれ、乙で優雅な時間を楽しめました。









最初の荒れすぎた海域を捨てたのがよかったのかな、と思います。

やっぱり「もう少し待ったら風が衰えるかも」とか「もう少ししたら潮位が下がって入れる場所が増えるかも」とか、そういう希望的観測・・・自分本位の楽観主義に基づいて作戦を立てても上手くいくことって少ないですよね・・・(いや、ないですよね)

次に使うルアーを固定できたのも良かった。

書けば長くなるので省いてますけど、足場が高いのでそれなりのルアー使ったり、相対的にマシとはいえそれでも風が強いのでヘビーシンペン使ったりと、初期段階でイロイロと試してみたんですがやっぱりコレが抜群に反応がよかった。


DSCN9156.jpg


特にしっかり水を噛みながらクネクネ泳ぐ系のミノーとのコントラスト(つまりその系統のミノーはびっくりするほど反応がなかった)は一目瞭然で、やっぱり高活性の群れが入った磯では小手先の技を捏ねくり回すより、あたりのルアーをあたりのポイントに通してやる王道の戦法が一番なんだなと、改めて思い知らされましたネ。

いや、楽しかった。

使ったルアーズ


DSCN9175.jpg


ブラックキャンディーが一番良かったデス・・・フックを何回交換したことやら(笑)


こんなタックルを使っています








関連記事