ジェントス HLP-1804/HW-V433D

DSCN9702.jpg



長年連れ添った(?)ジェントスHW-000Xの接触が悪くなったので後継機を導入。

ヘッドライトは安全に関わる装備(大げさにいえば命に関わる装備)なので「怪しくなってきたけどもうちょっと使おう」はNGナノデス。

ちなみに自分のジェントス歴はこんな感じ

1台目:DPX233H 雨で死亡
2台目:DPX233H 予備機として車載
3台目:HW-777H 潮被りで死亡
4台目:HW-000X 2015年12月に購入して2018年12月に挙動が怪しくなって引退
5台目:HLP-1804/HW-V433D ←いまここ





常識になりつつあるアウトドア用ヘッドライトの裏事情ですが、念の為・・・

ZEXUS(冨士灯器)のライトもジェントスのライトも、アメリカ資本である「FAVOUR LIGHT」という会社の中国工場で作られています。

FAVOUR LIGHT社こそがOEM元というか、ネタ元というか・・・結局ZEXUSもジェントスもFAVOUR LIGHT社に仕様を丸投げしているだけなので、単純品質に関して両者の違いはありません。


値段や仕様を見比べながら、自分のニーズにあう賢い選択をしましょう!


ついでにいうと「HLP-1804」と「HW-V433D」はまったく同じの同一製品です。
流通経路による違いで呼び分けているそうです。

HLP-1804はこういう白い簡易パッケージ入りで



DSCN9698.jpg



HW-V433Dはもうちょっとナウい透明プラ箱入り。

HLP-1804は予備のヘッドバンドが付いている(つまりヘッドバンドが2本ついてくる)ので少しだけお得なんだとか。



DSCN9705.jpg

HLP-1804の付属品



あっ・・・確かに!

つーことで、選べるならHW-V433DよりHLP-1804がいいかもしれません。
(HW-V433Dのほうがグッと安い、みたいな事情があるならそれもまた一考の余地あり)


で、このHLP-1804のスペックですが・・・


本体重量:約206g(電池含む)
明るさ:High/350ルーメン、Mid/150ルーメン、Eco/50ルーメン
使用電池:単3形電池×3本
実用点灯:【ヘッド部】8時間(High)/ 17時間(Mid)/ 55時間(Eco)
最大照射距離:約162m
機能:1m落下耐久、耐塵・防滴仕様(IP64準拠)



フム、HW-000Xのスペック↓と比べると正常進化って感じ


本体重量:約198g(電池含む)
明るさ:300ルーメン
使用電池:単3型アルカリ乾電池×3本
明るさ(約):300ルーメン(Highモード)
点灯時間(約):【ヘッド部】8時間(Highモード)/ 20時間(Midモード)/ 150時間(Ecoモード)
最大照射距離:約176m
機能:クイックフラッシュ、インスタントオフスイッチ、防滴仕様、エネループ対応



最近はリチウム電池式のUSB充電可能なタイプのヘッドライトとか、リチウム+単3電池のハイブリッド式とかも出回っていますが、個人的にはヘッドライトはシンプル・イズ・ベストという原則を守って選んだほうがいいかと思っています。

余計な機能、余計な重量はいらんとです。

リチウム式は劣化したらそこで終わりだけど、単3電池式は電池換えればいいとです。

ちなみに自分のイチオシのヘッドライト用電池はコレ・・・2400mAhと1900mAhがありますが、大容量の2400推し。





充電器はコレが本当に便利

DSCN1968.jpg



ヘッドライトという、アングラーの身の安全に関わるアイテムは、保守的な選択をするに限るとです。

HW-000Xは自分の磯釣りにも耐えているスゲーやつなので、防水機能も同じ方向性でエエとです。



isoheadlight.jpg

(自分の過酷な磯環境を考えるとこれは凄いことです)



HLP-1804もHW-000Xと同じく、多くの無駄な機能が省かれています。

余計なセンサーモードとか、余計なファンシー多色カラーモードとかありません。



DSCN9703.jpg

バックライトはあるよ!



つまり、付けたい時に付き、消したいときに消える・・・釣り人向けのヘッドライトってことですね。


スペックには現れないことですが、HLP-1804はHW-000Xに比べてフォーカス調整の範囲が広くなってます・・・ワイドビームに振ると、照射範囲がかなり広くて、夜に大きなシーバスの撮影をする際は重宝するかと思います(ヤッタネ!)


自分がジェントス(FAVOUR LIGHT)を選び続けるのは、簡単な理由。



安くて明るくて信頼できるから



浜でも磯でも川でもどこでも、闇夜の中で一切の光源を失ってしまうという事態は本当に怖いことなので、自分がライトに求めるのは第一に信頼性です。

安ければなお良し。

機能がシンプルならばなおさら良し。

明るさと実用投射時間のバランスが釣り合ってるとスッゲー良し。



・・・あれ、それって【ジェントス HLP-1804】のことじゃん!



ちゃんちゃん!






関連記事