【おめでたい】敗北の予感からの・・・2019年初フィッシュ!

DSCN9751.jpg


巷では19セルテだの19ステラSWだのの話題で賑わっておりますが、そのような高額セレブタックルに無縁なぼくちゃんは今日も今日とて愛しのヒラスズキに会いにいくため、使い古しのオールドタックル(嘘)でせっせと励むのでありました。





KIMG3453.jpg


2019年初バイトはヒラセイゴ・・・足元の薄いサラシの表層をテロテロ巻いてたらガバッ!

多分40あるなしでクリーンに乗らず

足場をずらして、濃いサラシを撃ってると・・・至近距離で70up級のヒラスズキがヒット!


KIMG3455_20.jpg


バイトの出方に勢いがあって綺麗にフッキングできたけれど、数回のエラ洗いを経てフック1本掛かりになってしまう。


OKOK、焦るなベイベー・・・ってその足場には安全なライディング経路が・・・無い(笑)


最初のズリ上げで海面から1m~1.5mくらい抜くしかない。

これは多分、ヘルプのウネリが入ってくるの待つより、今抜いたほうが可能性高いやろうなってコトで抜いてみると・・・


KIMG3456_20.jpg


残念!

1本だと冬のおデブ抜きにはキツかったね・・・



正直この時点で負けを覚悟しました。

冬ヒラは、こういう貴重な1チャンスをモノに出来るか出来ないかが、全てなんです。

次入ろうとおもった磯・・・というか本命の磯(潮位とウネリの高さの関係で後回しにした)に入っていくアングラーが見えたし。

つうか、あいつら何者よ?

この俺でさえ躊躇するデンジャーゾーンにずかずか入っていってるじゃん!
↑この厨二病感がたまんねぇ(笑)






あの構え・・・ま、まさか、虎眼流かっ!?






kogan.jpg




・・・と思ったら、そこの危険性をイマイチ認識できていないっぽいカゴマサ師でした。

ま、誰であれ、何であれ今日の磯ヒラは終わったな、と。

しゃーないから限りなく可能性が低い青物プラッギングでもやっかな、と。













やっぱり何も出ませんでした 
終わり




って訳には行かないので、磯チェンジ・・・ついでにタックルもチェンジ(WB113Rの2.5号タックル→バリヒラ11MHの1.5号タックル)で磯ヒラ続行




で・・・すっかり薄くなってしまったサラシを丁寧に探っていたらメタルマルで2ヒット(乗らず)


DSCN9743.jpg


でもなんかヒラ臭くないんだよなぁ・・・なんつーか、メバル?

うん、多分、高確率でメバル。

最近尺メバラーとして適当にホラ吹いている活躍中のぼらおさんがメバルというんだからメバルに違いない。

この磯に人は来てないだろうけれど、ヒラスズキも入ってない・・・そう結論してここでもサラシを諦めて沖の潮目撃ち。

もうエソでもフグでも何でも、とにかく海の生命体が釣れればエエよ。


DSCN9753a.jpg


この払い出しが沖の流れに巻かれて潮目つくっているの、わかります?


DSCN9753av.jpg


払い出しの流れは左に向かって行ってますが、沖の流れは左から右に強く動いてます。


狙い目はその2つの異なる逆方向の流れが作る「壁」・・・ジグは持ってきてないので鉄板バイブで代用します(表層はヘビーシンペン&プラグの高速巻きで済み)。

なるべく壁に沿わせるよう通したいので思いっきり左方向に投げて、指ですこしテンションを掛けながら、ラインを送って・・・送って・・・送って・・・ゆる~いフォール。

おお、随分右に流されてるな・・・1oz程度の重さだといつまで経っても着底せんな。

なんて思いつつ、流しては巻いて、巻いては流して・・・を何度か繰り返していると、何かよーわからんけど、とにかく魚らしいものがヒット。





おそらくレンジ的にクエ族の何かじゃなかろうか・・・?と、思ってゆっくり慎重にラインを回収すると




DSCN9745.jpg




おほっ!?




DSCN9749a.jpg




浮いてきたのは色々な意味で良サイズの真鯛!


いや~新年早々めでタイね!


実にめで鯛!!


ヒラじゃなくてもいいやんけ。


青物じゃなくてもいいやんけ。

使ったルアーズ


DSCN9752.jpg



こんなタックルを使っています






DSCN9748.jpg

使ったフィッシュグリップ
関連記事