今更ながらの16キャタリナ4000Hインプレッション

DSCN9600.jpg



結論:磯ヒラするならこのリールがええよ



ソルティガとの違いを見いだせなかった・・・



というか



ソルティガを7万円くらいで買うならキャタリナを4万5千円くらいで買って

その差額は家族サービスなり別のタックル代なりガソリン代なり船代なりに回したほうがええよ




え、ソルティガBJ?


あれは情弱専用リールやろ
(ソルティガBJユーザーさんすんません・・・ジョークです)




16ソルティガとの違い

えー、詳しくは知らんのですけど


1.スプールやハンドルノブのベアリングの数が違う
2.ハンドルノブが違う
3.防水性が違う・・・ソルティガは内部もパッキンで重武装、キャタリナはそこまでしてない
4.ソルティガにはダイワスプールバンドが付属しているがキャタリナには付属していない


DSCN5171.jpg


5.リールのコア性能に関するものは全て同じ



こういうことらしいですわ


先代の11キャタリナの時点でソルティガとの差別化に苦しんで姑息なこと(キャタリナのスプールには誰も望まない糸巻き量を設定・・・苦笑)をしていた記憶がありますが、現行はベアリングの数を大胆に減らしたものの巻き心地に関しては結局同じようなモンになっているんですね(笑)

何故かというとソルティガはパッキンのせいで滑らかさを追求するには無理があって、政治的な問題でベアリング数が減ったキャタリナと巻き心地が同じ程度なんです。
目隠しされてキャタリナとソルティガ渡されて巻き心地でどっちがどっちか当ててみろといわれても難しいでしょう。


瞬間的な水没が日常茶飯事みたいな過酷な釣り(サンゴ礁のリーフエッジでのヒラアジ釣りとか、沖磯に泳いで渡る磯ヒラとか)ならその防水性に違いが出るかもしれませんが、時々波をかぶる程度の普通の磯ヒラだと差はないでしょう。

重量、重心、ドラグ、ラインローラー、ボディの強度および耐久性、ギアの強さおよび耐久性、巻取り力、すべて同じです。


DSCN5725_20.jpg

次は20ソルティガかもしれんけど、めっちゃ進化せんと差別化できへんでオマエ・・・

ちなみに今、アマゾンだと

16ソルティガ4000Hが67000円

17ソルティガBJ4000SHが60000円

16キャタリナ4000Hが44000円

16セルテHD4000Hが37000円

圧倒的なキャタリナのコスパが光る

ハンドルノブ

磯ヒラに限っていえばソルティガのメタルノブよりいいですわ、これ。


DSCN9631_20.jpg


カタチがいいし

サイズがいいし(ソルティガよりやや大きい)

EVA素材の触り心地がいいし

冬でもキンキンに冷えないし

パッキンまみれのソルティガより回転性がいい


DSCN9872.jpg


繊細なリトリーブスピードの調整もしやすいし

ファイトになれば力強く握りしめていい

いい意味で裏切られたわ!

モデルチェンジ待ったほうがよくね?


DSCN9655az.jpg


だってこれ2016年のリールでしょ?





それでもええけど、キャタリナのリリースは常に新ソルティガの後だから2021年まで待つんけ・・・?



ぶっちゃけ16キャタリナは名機



欲しいと思った時が買い時・・・つまり今時



KIMG3379.jpg

関連記事