ラッキークラフト ワンダー60

KIMG1180a.jpg


ワンダー60

メーカー:ラッキークラフト
カテゴリー:シンペン
スペック:全長60mm 重量6.2g フックサイズ#10 リングサイズ#2

評価

【80~100mm以下の小型シンペンよりさらに小さいマイクロサイズのシンペン】

というフォーマット・・・実はこれ、シーバス界隈において一時流行ったものなんですね。

「スレに効く」
「今までのルアーに反応しない魚が口を使い出す」
「エンドレスで爆釣!」

(あれ、こういうフレーズ毎年見かけるような・・・?)

みたいな触れ込みでちょっとしたムーブメントになったものの、その性質から主流になることなく現在進行系で消えつつあるルアーカテゴリーです。
というか、もともとがシーバスルアーではなくメバルだの淡水(トラウト?バス?)だのから流用されたものなので消えるもなにも・・・っつー話かもしれません。


マリアのブルースコードC60が消えた今、事実上残された選択肢はこのワンダー60だけじゃないでしょうかね・・・?





適性

サーフ     ★
内湾干潟   ★★★
河川/河口  ★★★★
磯       ★
港湾      ★★★★

エリア10が使える場所と丸かぶり


DSCN0909a.jpg

キャスティング

飛距離       ★★★☆
飛行姿勢      ★★★★★
キャスタビリティー ★★★★

PE0.8~1号でLか柔らかめのMLパワーのロッドを推奨
重量6.2gって聞くと無理ゲーに聞こえますが、実はエリア10よりかなり飛びます

レンジ

基本表層だけれどもシルエットが小さいので意外と沈みやすい
足場が低く流れが緩いという条件付きで意図的に下を通し続けることが可能

アクション・使い方

アクション ★★★★★

よく釣れるアクションだと思います。

ワンダー80のアクションよりタイトな感じにした脱力シンペンアクション。
特筆すべき要素はありません・・・まぁワンダーってそういうものでしょう(笑)
エリア10やらワンダー80やらが使えるフィールドでそれらに反応がない場合のフォローとして投入するのもアリだし、逆に様子を伺うためのパイロットして使うのもアリ。
「ルアーサイズは小さいのにシンペンアクションはしっかりハッキリ出てる」
ってことは寄せと喰わせの両面のアピールが出来てるってことですね。


DSCN0907aa.jpg


アクション(と小さなシルエット)は良かった。
普遍性があった。

フックチューン

ただし、フックに限界があった。

ラッキークラフトの代理店の違いによってデフォルトのフックの質が違うと思いますが、とどのつまりは細軸の#10が装着されています。
下手すると40cm弱のセイゴ1匹で終わります。
ライバルだったブルスコC60がST46#10(0.37g)を問題なく装着できたのに対して、ワンダー60はもっと細軸でないとアクションに変質をきたします。

ガマRBMH#10(0.27g)とか
カルティバST36#10(0.24g)とか

ワンランク下の強度になってしまうわけですね。
どれだけ晴らしいロッドやらラインやらリールやらを使っていたとしても、このフック強度がボトムネックになってしまうんです。
どれだけアクションが素晴らしくても、使っていい場所と獲れるサイズが著しく制限されるとシーバスルアーとして相応しくないわけです。

これが理由でシーバスにおけるマイクロシンペンは廃れました。

ルアーの入手

値段    ★★
安定供給 ★★

本体が意外と安くない上に、他のルアーと共有して使われることのない、弱いフック運用費が高い。

総評

最終評価 ★★★

長いバチルアーに反応が出にくいクルクルバチパターンに効く
そもそもバチ全般に効く
ハク・アミ・シラスなどのマイクロベイトに効く
スレた魚に効く

ただしフックサイズからシーバスルアーとしての限界がある

「小さいルアー」がどれだけのポテンシャル(あるいは破壊力)を秘めているか、実感してみたい人は一度どうぞ。
その必要がない人にはこのルアーは無用の長物です。


DSCN0901a.jpg






関連記事