マリア フラペン ブルーランナー S85

DSCN9416.jpg


フラペンブルーランナーS85

メーカー:マリア
カテゴリー:ヘビーシンペン
スペック:全長85mm 重量28g フックサイズ#4 リングサイズ#3

評価

デイリーシーバスで使われるフラペン85やフラペン85シャローの兄弟モデル。
なかなかユニークなヘビーシンペンとなっています。
後部のフラップが作る「寄せ」のアピールがとても強い。
しかも今現在磯ヒラのメインストリームとなっているヘビーシンペン(90~105mm)よりサイズ感が一段と小さく
フラップのアクションで寄せてサイズで喰わせる
という極悪非道コンボが決まりやすい。

・・・が、惜しいことにヘビーシンペンとしての「普遍性」をやや欠く。

普遍性とはリトリーブスピードの自由度であったり、フックチューンの自由度であったり、荒れた海面での使用適性であったり・・・つまり、アダージョヘビー105やらスライドベイトヘビーワン90/28やらぶっ飛び君やらの、王道勝負のルアーではないということ。
やや変則的でニッチなルアーといえるでしょう。

ライバルはモアザンスイッチヒッター85/20、ヘビーショット85/20といったところ。





適性

サーフ    ★★
内湾干潟  ★★
河川      ★★★
磯       ★★★★★
港湾     ★★

85mmの小さなシルエットに28gのヘビーウェイト・・・
とても沈みやすい構成となっており、これをデイリーシーバスで使おうとする場合、マッチするのは水量のある大河川のデイゲームくらいかと思われます。
磯ヒラで使えるくらいなのである程度のファストリトリーブに対応しているのですが、やはりフラップが枷となって一般的なヘビーシンペンより先にアクションが破綻します。
ヘビーシンペンとしては早巻きが苦手で自由度が低いっつうことです。


DSCN9418.jpg


キャスティング

飛距離        ★★★★★
飛行姿勢      ★★★★
キャスタビリティー ★★★★★

PE2号にリーダー40lbでもなかなかのキャスタビリティをみせてくれます。
強風磯ヒラに合格。
ただし、やはりフラップが空力的によくないのか、理想的な条件下のキャストでも(他の1oz級のヘビーシンペンと比べると)あまり伸びません。

レンジ

磯の話ですが、ほどほどの荒れ具合であるならばレンジキープしやすい部類です。
普通にやれば水面直下になると思いますが、マリアがいうところの「水面下~100cm」を任意で操作できます。

アクション・使い方

アクション ★★★★



何度もいうように、フラペンのアクションはめっちゃエエんですよ。
いい意味でめっちゃオートマチック。
魚が潜んでいそうなところをただゆっくり巻くだけ(笑)
フラペンブルーランナー85は磯での「シンペンの浮き上がりすぎ問題」をキッチリ調整しきっていてそこには二重丸を与えたいのですが・・・

青物用としては早巻き適性がちょっと足りない

ヒラスズキ用としては荒れた海面での使用適性がちょっと足りない

ということで・・・なんというか、中途半端感が拭えないんですよね・・・
ぶっちゃけこれで青物ナブラ撃ちとかせんやろ?みたいな(笑)
かといってこれを磯ヒラの先発ルアーとして使うかといわれれば、NO。
サーフフラットにも当然使おうと思わないでしょう。

端的に言えばフラペンブルーランナー85は「何だか今日のヒラスズキは渋いぞ!?」って日のフォロールアーなんですよ。
あるいは撃ち尽くしてもう出ねーだろって思った時に最後の一匹を絞り出すためのルアー・・・まぁそういう類いのルアーなんです。


DSCN0691.jpg


フックチューン

上の動画で出てくるフラペンブルーランナー85はおそらくSPMHの#3に換えられていると思います


flapenhook.jpg


・・・が、このルアーのフロントフックアイはやや前方に設置されていて、デフォルトの#4でも時折ラインを拾って絡んでしまうんですよね。
リアは#3にしても無問題なんですが、フロントを#3にするかどうかは議論がわかれるところ。

ちなみにフラップの存在がそうさせるのか、それとも横方向に埋め込まれたリアフックアイがそうさせるのか(つまりフックの方向が普通のルアーと違う)、このサイズのシンペンとしてはフックアップ率が低いんじゃないかなという疑惑があります・・・まぁ、個人的な主観なので参考までに(笑)

ルアーの入手

値段    ★★★
安定供給 ★★★

自分はリリース直後の「イントロ価格」で1500円くらいで入手できた記憶がありますが、今はちょっと高いかも?
ヘビーシンペンに1800円はなかなか強気。
ちなみに何回か磯にぶつけた(そこまで強打ではない)ことありますが、いまのところフラップに異常ナシ。


DSCN9426.jpg


総評

最終評価 ★★★☆

キライじゃないです。
レイジーBB75を使うくらいなら絶対にコレ使います。
ただし、フィネスな用途のヘビーシンペンだと割り切る必要があり、いわゆる「王道」を往くヘビーシンペンの代わりにはなれないルアーです。
あ・・・結構な「トップ感」があるといいますか、水面をヨタヨタ右に左に彷徨うフラペンに捕食者が飛び出す様は擬似的なトップで釣ってやった感が伴いますので、そういう価値観が好きな人にはオススメします。


とうとう磯のヘビーシンペンにも小刻みなサイズ展開の時代が来たかァ・・・


DSCN0698.jpg










関連記事