【デイリーシーバス】1日10匹を目標に稼ぐ

CCC9V9A9997_TP_V.jpg


そういえばぼくちゃん、年間釣果数とかには意外と無頓着なんです。

理由はイロイロあるんですけどね。

まあ、メザシーバスをどれだけ釣ったとしても糧になるものはあまり無いですし、メザシーバスを除外してカウントしたとして、じゃあその基準はどこにすべきよ?って話になるでしょ。

次に、サイズを完全に無視した本気の数釣りをしようと思えばいくらでもできるわけでして・・・うん、まあ、そういう釣りを否定することはないですけど、そういうのはシーバスルーキーとか2年生がやることで、ぼらおさんくらいのキャリアがあるアングラーがやることじゃないでしょ。





・・・なんて、したり顔で言った側から

数釣りに行くのがぼくちゃんなんですけどね

☆(ゝω・)vキャピ




おとうさま、おかあさま

こんな情けない人間に育ってしまい

誠に申し訳ありません(ゲラゲラ



時短1匹


DSCN0875.jpg


約束があったのでマジで一瞬だけ


DSCN0874_2019.jpg


good conditionな50upで終わり


KIMG4386.jpg



セイゴフッコ5匹+α

この日は一向にサイズUPする気配がなく心折れた

DSCN0877.jpg


ヨンゴーくらい


DSCN0881.jpg


40くらい・・・?


DSCN0885_2019.jpg


メザシーバス


DSCN0889.jpg


またまた40くらいのヤツ


DSCN0894.jpg


メザシーバス・・・

この後、3匹くらい(当然似たようなサイズ)ヒットして実際に手元まで回収するも、撮影とかイロイロ面倒なのでその場でオートリリース。

うーん、型にはめたパターンの終わりを感じるね。

偵察メザシーバス


KIMG4372.jpg


勤勉なぼらおさんは様子見を欠かさない。
スマートなぼらおさんは夜の限られた時間を実釣に全振りしているわけではなく、巡回のための時間を予めとっていたりする(つまりその分、実釣時間が短くなる)。
ベイトの様子をみるだけの偵察もあれば、「威力偵察」・・・つまりは実力行使を伴うこともある(笑)
バチが抜けてたり、濃い密度のトウゴロウがいたりすると特に。

このメザシーバスの他3匹ほどトウゴロウ絨毯の中でヒット。

「釣れる」けど・・・ここじゃない。

終わりを感じさせる1匹

この日、シンペンをゆ~らゆら、ミノーをま~きまきに反応が皆無・・・つまり表層がダメっぽいのでボトムを探ることにした。



DSCN0899.jpg


ンッ・・・


DSCN0898.jpg


ナイスなフッコだけど、自分がやっていた「数を求める中で何本かはいいサイズが揚がる釣り」が明らかに終わりかけていることを悟る。

この日も時短なのでこれ以上は続行できずにこれで終わり。

あと数回いままでの釣りをやってみて、芳しくないようであれば偵察で見つけた「次」の釣りに移行しようと思う。

使ったルアーズ


DSCN0896_2019.jpg



こんなタックルを使っています








使用フィッシュグリップはこちらから


DSCN0879.jpg
関連記事