磯ヒラスズキで使うラインシステムってどんなん?・・・ショックリーダー編①

DSCN8626.jpg


よ~し、今日はおねえさん(ぼら子さん)が、磯ヒラスズキ童貞が気になってしかたがないラインシステム関係のこんな質問に全部答えちゃうゾ~!


Q1:磯ヒラスズキで推奨されるPEラインの号数は何ですか?

Q2:PEラインの長さは何メートルあればいいですか?

Q3:磯でお勧めのPEカラーってありますか?

Q4:どんなPEラインがいいですか?

Q5:磯ヒラスズキで推奨されるショックリーダーの号数は何ですか?

Q6:ショックリーダーの素材はフロロがいいですか?ナイロンがいいですか?

→Q7:ショックリーダーの長さはどれくらい確保したほうがいいですか?

Q8:スペーサーは入れたほうがいいですか?






ショックリーダーの長さはどれくらい確保したほうがいいですか?

使うロッドや場所にもよりますが、一般的には1ヒロ(1.5m)から1ヒロ半(2.25m)あれば好ましいとされています。
人によっては2ヒロ前後(3m前後)とる人もいます。
ちなみに自分も2ヒロ派です
スペーサーを入れると3ヒロも可能なんですが、そういうケースは特殊なのでここでは除外します。

港湾や河川のデイリーシーバスのように1m前後・・・というのは明らかに短すぎます。
もちろん60cmとか50cmとか、結束が苦手だからこれが限界、みたいな甘えは許されません。

やればわかります・・・1m程度のリーダー長で根に擦られたら高確率でOUTなんですね。
ヒラスズキのパワー的にもそうですし、ラインの角度的にもそう。
マルスズキで「すんげー潜られた」なんてことは滅多にないかと思いますが
ヒラスズキ界隈においては「走られて潜られて擦られた」なんてのは


DSCN0456.jpg


日常茶飯事です


DSCN0457.jpg


マジで。

だから備えが必要なのです。

擦られたと感じたら当然引き剥がそうと努力するわけですが、引き剥がしに成功するまでの間、ラインは擦られ続けるわけです。
つまり擦れを感じてからリカバリーを果たすまで0.5秒なり1秒なり、ひょっとしたら3秒なりの“タイムラグ”が存在するんですね。
磯ヒラにおけるリーダーとは、そのタイムラグの間、擦れに耐えてくれるよう設置するモノなのです。
短すぎるリーダーはこのタイムラグが瞬間的であるものと想定している(つまりオレサマは擦れを感じたら一瞬にして怪力を持って剥がせると豪語しているのに等しい)わけで、まぁ・・・無理でしょう。

それからランディングにおいてもリーダーの存在は大切ですね。
足元に寄せたけど最後の最後でなかなかランディングできない・・・ということは全然珍しいことではなく、数十秒の間、魚は見えてるのに足元で波に揉まれ続けることになったら頼りになるのはリーダーだけです。
磯ヒラ日和のウネリの落差なんて余裕で1m以上ありますけど、リーダー長が1mしかなかった場合は引き波で海面が下がったら本線PEがすぐに足元の岩肌に当たる(当然そこでthe end)ということです。


最近のヒラスズキロッドはレングスの短小化(10ft6in~11ft)とガイドの小口径化(SICで最終8、トルザイトで7)の傾向があり、一概に「2ヒロあったほうがいい」というわけでもないのですが、リーダー長2ヒロ確保できる結束技術およびキャスト技術が身についていると何かと便利です。
2ヒロあれば足元でランカーヒラスズキを掛けても対応できる可能性が高く、また、不意の青物にもなんとかなる場合があるので、最初は1ヒロ~1ヒロ半でスタートしてやがては2ヒロのリーダーを使いこなせるようになることが一つの目標ですね。


DSCN9659a.jpg

↑ちなみにこのランカーはまさにリーダーを長くとっていたお陰で獲れた一匹です


最終的にはTPOに合わせてフレキシブルにリーダー長を調整できるようになりましょう。
例えば・・・

・キャストに制限がありタラシを短くしないといけないのでリーダーも短くする
・足場が高くオーバーハングが目立つので長くする
・気温が低いので(スムーズなガイド抜けのために)短くする
・無視できない確率で青物が混じるので長くする
etc.etc.

フックチューンもそうですが、人が書いた「目安」を金科玉条的に受け入れるのではなく、タックルバランスを自分で考えて設定できるようになると一人前です。


honda1.jpg

それにしても本田ムカつくな・・・笑

honda2.jpg


短すぎて根ズレで終わった?
それを糧にしてください。

長すぎてガイドで詰まって高いルアーを足元にぶつけて粉々にしてしまった?
それを糧にしてください。

実釣を重ねて経験を積むということに「無駄」はありません。
無駄というものは得られた教訓を次にフィードバックしなかったときに初めて発生するものです。

釣行の成否は、ブツ持ちドヤ顔写真が撮れた撮れなかったではなく、こういう所で判断されるモンです。
マジで。

お勧めの磯ヒラ用ショックリーダー



関連記事