DUEL ハードコア モンスターショット95

PIC__00527.jpg


ハードコア モンスターショット95

メーカー:DUEL
カテゴリー:ヘビーシンペン
スペック:全長95mm 重量40g フックサイズ#3 リングサイズ#4

評価

次世代の覇権ヘビーシンペン。

青物によし、ヒラスズキによし。
ただ巻きによし、早巻きによし。
表層でよし、沈めてよし。

DUELの本気が詰まっている良品。





適性

サーフ    ★★★
内湾干潟  ★
河川      ★★
磯       ★★★★★
港湾     ★

ロッドが強ければ、という前提でサーフでも使えるハズ。
その一方で、よほどの水深&川幅&水量がある大河のデイゲームでもない限り、内水面では出番がないと思います。

キャスティング

飛距離        ★★★★★
飛行姿勢      ★★★★★
キャスタビリティー ★★★★★


極端な後方重心というわけでもないので30gクラスより異常に飛ぶとかはないです。
特徴は「強風下でも高いキャスタビリティを有す」ということ・・・ただし、これまた「ロッドが強ければ」という条件付きで。
柔めの磯ヒラロッドだとしっかり振り抜ける分、従来の30gクラスのヘビーシンペンのほうがビシッとキャストが決まるかも?
無風ならルアーMAX50g程度のロッドでも問題ないです。

レンジ

荒れたサラシを普通~やや早めの感覚で巻いても飛び出しにくいです。
普通のヘビーシンペンより+10gされた重量の差を感じますね。

ちょっと波の気あるかな、程度の青物日和の海で↓


DSCN1133_20190.jpg


かなりの早巻きで表層引いても飛び出しにくく(スキッピングは意図すれば簡単にできる)、うーむ、キッチリ調整仕上げてきたナという印象。

慣れるまでは低い足場から投げるシャロー磯の使用には注意されたし(←というかそういう磯にはあまり向いていない)。

アクション・使い方

アクション ★★★★★

アダージョ105ヘビーに先祖帰りしたような王道を往くシンペンアクション。
ヘビーショット105にくらべてリップが小型化しています。


DSCN0986_2019.jpg


ヘビーショット105より早巻き適性があり、浮き上がりにくく、より多彩な(アングラーが作る)アクション演出が可能に。
いや、薄々思っていたんですがね・・・ヘビーショットのリップはいらんかったやろ


我々は長年のあいだ騙されていた!


って書くと大袈裟かもしれませんが、モンスターショット95は小型ヘビーシンペンがあるべき姿・・・【全長90mm~105mm重量1oz前後】というフォーマットが当たり前であるという先入観を見事に打ち砕いてくれました。

別に28gじゃなくていいんですね。30gでなくてもいい。
40gでも普通に使える、いや、40gだからこそ実現できることがある・・・というコト。

40gという重量のおかげで磯ヒラでは他のヘビーシンペンより「少し下のレンジ」or「少し早く同じレンジ」を通せることになると思います。
青物では早巻きなり、スキッピングなり、ちょっと沈めてからのジャークなり、お好きどーぞ。

フックチューン

デフォルトでついている正体不明の#3は実はST-46#3クラスより若干太く強度も高いけれど、刺さりはあまり良くない。
(潰れるまで研いで使うのもアリ)
チューン候補としては下記を参考にされたし

ST-46#3クラス ヒラスズキには十分かもしれないが青物にはやや不安
ST-46#2クラス ヒラスズキには向くが青物にはやや不安なのは同じ
ST-56#3クラス ST56に#3は存在しないのでSTX58#3か最近リリースされたがまかつSPH#3を
ST-56#2クラス 青物狙いには最も向くがアクションに変質が認められる


DSCN1118.jpg


【重要】ST-56#2クラスでもエビることは少ないがアクションがマイルド化します(それを承知で使うのも可だけど)。
フロントだけST-56#2クラスでリアはST-46#3クラスだとアクションは保たれます(この組み合わせの逆バージョンは不可)。
一番攻守のバランスがとれているのはやはり#3のHクラスかな。





ルアーの入手

値段    ★★★★
安定供給 ★★

リリース直後の店頭価格で1400~1500円くらい。
アマゾンでも大体同じくらい
リーズナブルといえますが、爆安価格ともいえず・・・まぁ流石にアダージョ105ヘビーの時代の1200円みたいな価格はもう望めないのでしょう。

ユーザーが覚えておくべきことは一つ・・・DUELはルアーを出したり消したり節操がない・・・ということ(苦笑)

総評

最終評価 ★★★★★

モンスターショット95は「常識では1oz前後」という殻を破ったコロンブスの卵的なヘビーシンペンですが、その実はアダージョ105ヘビーの正常進化です。
ヘビーショット105なんていらんかったんや!
何か奇を衒うようなことをするわけでもなく、王道を突き詰めようとしたルアーです。

比較的安いし、よく釣れるし・・・そしてなりより40gという重量が使いやすいし、マジでお勧めですぞ!
(これマジ・・・30gだとイライラしてたあんなことやこんなことが嘘のように消えてなくなる)


DSCN1127_2019.jpg






関連記事