アイマ KOSUKE 110F

KIMG1194.jpg


コスケ110F

メーカー:アイマ
カテゴリー:フローティングミノー
スペック:全長110mm 重量17g フックサイズ#4 リングサイズ#3

評価

2016年に「サスケ裂波とコモモの間のレンジを取り持つ」としてリリースされたルアー。
ちなみにKOSUKEはコースケではなくコスケと読む(笑)





自分が初めてKOSUKEを観たのはこの動画だったかな・・・?
それから2年ほど縁がない月日が流れ、初めて手にしてみたのが2018年。
それからしばらく存在を忘れたまま放置して結果を出したのが2019年に入ってから。
結論からいうと良いルアー、かなり良いルアーです。
もっと早く手を出してもよかったかも。





適性

サーフ    ★★★
内湾干潟  ★★★★
河川      ★★★★★
磯       ★★★☆
港湾     ★★

川や干潟がエエです。
磯はチョット考えさせられるかなァ・・・


DSCN1272.jpg


キャスティング

飛距離        ★★★★★
飛行姿勢      ★★★★★
キャスタビリティー ★★★★★

裂波120より全てワンランク上。
平穏な河川でも、風が吹き曝す荒磯でも。
もちろん110mm17gというフォーマットではシンペン並に飛ぶとかメタルジグ並に飛ぶとかいう話はありませんが、よくぞここまで磨き抜いたなぁという感があります。

レンジ

シマノのレスポンダー129FやタックルハウスのK2F122MSのような「水面下30cm系」のルアーと同じレンジ。
川や干潟だとこのレンジがめっちゃハマる時があるんですよね。
KOSUKE110にはシンキングモデルが存在したと記憶していますが2019年10月現在、アイマの公式HPにはその存在が確認できません。

つーかそういうレンジ(水面下30cm)のルアーなのにシンキングって何か意味あんの?
沈ませて水に馴染ませるというルアーでもないし・・・
あっイロイロと派生バージョンを出して迷わせて複数買わせるという販売戦略か!


磯でもこのレンジはアリもアリ、オオアリなんですが・・・川や干潟で水面下30cmを往く設定は磯では超ギリギリになってしまうんですね。
ウネリが高かかったりピッチ間隔が短いと、水を掴み損ねた水面飛び出しがよく起きます(水面直下型になります)。
つーか裂波120を磯で使えば足場の高さとウネリの関係で自然と「水面下30cm」になるって話なんですけどね(笑)
上の鈴木サンの動画くらいの静かなサラシ具合がまさにKOSUKE日和でしょう。


KIMG1191


またこのリップ・・・ぶっちゃけ磯では不安を感じる脆さを包含しているので、これもネガティブ要素。
やっぱりこれは「磯でも使えるルアー」であって「磯で使うルアー」じゃないんですね。

アクション・使い方

アクション ★★★★★

投げて・流れに乗せて・タダ巻きで。
小賢しいことはしないでエエです。
勝手にイイ感じに泳いでくれますし、勝手に崩れてくれます。


DSCN1271v.jpg


立ち上がりもよく、アップからのデッドスローも微妙な“ゆらぎ”があっていい。
ダウンに差し掛かって大きくバタついてもそこから粘り持ちこたえる感じでアクションが極端に破綻しないのもいい。
誰でも投げて巻きさえすれば使える、釣れる・・・そういう王道ルアーに仕上がってます。
ワイドリップが水を横に受け流さないので磯の早巻きや、大きなジャークなどのロッドアクションやや苦手。
「どんなふうに使っても応えてくれる万能性」は裂波に軍配。

フックチューン

デフォルトでは#4ですが#3でもアクション性を損なうことが一切ありません。
ランカー狙いやヒラスズキに使うなら躊躇なく#3に替えましょう。


DSCN0074.jpg


裂波120の#6(or#5)*3とKOSUKE110Fの#3*2はどっちが安心かというと、人によりけりタックルによりけりですが、個人的には裂波の3フックシステムほうが好き。

ルアーの入手

値段    ★★★
安定供給 ★★★★

コモモ・裂波に次ぐ「第三のアイマミノー」として安定してると思います。
中古で買う際はイミフなシンキングバージョンの存在に注意(苦笑)

総評

最終評価 ★★★★☆

あっ!
サイズ感に言及するのを忘れてましたが、KOSUKE110Fは裂波120とかコモモ125SFと同クラスになります。
裂波105とかコモモ110SFじゃありません。
港湾部で使うにはちょっと大きいかも?・・・アーバンゲームには弟分の85Fが向いてるかもしれません。
しかしこのクラスがもっとも融通がきくというか、オールラウンドなサイズ感であることは間違いないです。
いきなり(地雷感漂う)170Fから入るよりは110Fからスタートしたほうが400%幸せになるでしょう。


DSCN0078_2019.jpg


コモモの歴史はないし、裂波の万能感はない、よくよく考えるとオリジナリティ・革新性もさほどない。
でもすごく「アイマアイマしてるルアー」なんですね・・・急造濫発された「その他」のルアーではなく、正統派であり王道。
最終的には評はこう落ちきます:

文字通りコモモと裂波の間(ニッチ)を埋める、アイマらしさを感じる良いルアーである。

ま、とりあえず1本持っておいても損はないかと思いまする。










関連記事