なぜ磯ヒラスズキはこんなにまで面白いのか

DSCN5629.jpg


ヒラスズキという魚自体が魅力的である

引きが強い魚だけども強引一方ではダメで釣り上げるまでに「テクニカルな駆け引き」がある

ルアーに果敢にアタックしてくるけれど実は臆病だという二面性がある

荒れた磯という場所で釣るというシチュエーションがスパイスになっている

ゲーム性が高い

etc. etc.






磯ヒラスズキの真髄はエビデンスの精度の高さにある

ずっと考えてたんですけどね、この釣りの面白さは
「この風、この波、この磯、このサラシ・・・ここでヒラスズキ!」
という具合に、自分が考える根拠(エビデンス)を元にして狙ったポイントからヒラスズキが飛び出してくる確率がかなり高く


高精度で自分の思考と実際の結果がマッチする


ところにあるんですよ。


たとえば、水深のある港湾のオープンエリアでバイブやらを遠投して沈めて巻き上げる釣り・・・これで釣れることもあるんですけど、1キャスト1キャストなぜそこに投げているのかという根拠が希薄じゃないですか。
そういう釣りにも当然「なぜそこで釣れた・釣れなかった」に因果関係があるわけですけれども、釣ったあとに理由がわかっても「狙った感」が得られないんですね。


たとえば、広大なサーフを離岸流や僅かな地形の変化を探す釣り・・・離岸流やら浜の砂の変化を狙っても全然釣れないことが普通にあるじゃないですか。
狙い目とされているセオリーの期待値が実はそれほど高くない釣りも、やはり根拠が希薄な釣りになってしまって【絨毯爆撃的な釣り、あるいは根拠のない回遊待ちの釣り】の味がでてしまうんですね。


DSCN7839.jpg


そこのところ、磯ヒラスズキは実に素晴らしい!


磯ヒラにおいてはもっとも一般的で(つまり軽薄で)あるところのエビデンス、つまり「荒れた磯のサラシにルアーを通せばイッパツで釣れる」程度の根拠に対して素直な答えが帰ってくることがある一方で、その程度の理解力ではカスリもしない日(つまりは荒れた磯のサラシにルアーをいくら通してもウンともスンとも言わない日)というのが存在するわけですが・・・理解が深まるにつれてこれらの事象は何も矛盾していないことに気がつくのです。
ビギナーが考える「磯ヒラは荒れた海のサラシ」程度の理解力でも釣れることもあれば、もっと深い理解がないと釣れない(不可能ではないが非常に釣りにくい)こともあり、奥の深さがあるんですね。


簡単にいうと


・ビギナーはビギナーなりにエビデンスのある釣りを楽しみ
・ある程度やりこむとエビデンスがエビデンスとして機能していない理不尽さ、奥の深さを「乗り越えるべき壁」「解き明かす謎」としして楽み
・一周回ってくるとやはりエビデンスがこれほどまで高い精度で裏打ちしてくれる釣りはそうないと気がつく


こういうことですナ。

この性質に近いルアーフィッシングといえば・・・渓流の釣り。それから川シーバスの下げの時合で誰からも叩かれていない橋脚やら明暗にルアーをドリフトで送り込むような釣り。
ただし川シーバスの橋脚明暗狙いは狙い通りでイッパツ!という要素が釣りの面白さを向上させているが、解釈に広がりがなく釣りが単純すぎることと、人間環境がギスギスしすぎることから磯ヒラと同種の楽しみがあると考えるのは無理があるかもしれない。

やはり人間というのは、自分の狙い通りに物事が運ばれることに快感を得るわけですよ。
終わってみたら上手くいったからいいや的な、結果論より。


DSCN9470a.jpg


シーバスでいえば、ストラクチャーや明暗狙いより、川や干潟で特に目標がなく回遊を待つ釣りのほうが似てるかもしれません。

流れを釣るような釣りで、前日の22:00頃に流れがハッキリ出てベイトが騒がしくなってところどころライズ音が響きわたり、23:00の時合終了まで至福のひとときを過ごした、なんてあるじゃないですか。
そしたら当然次の日もちょっと時間をズラして行くじゃないですか。
同じような天候、同じような水温に水中酸素濃度、ほとんど同じ干満差・・・こんな条件で同じ場所に行ったら30分か1時間か1時間半遅れて釣れること間違いナシです・・・ありとあらゆるエビデンスが次の日も釣れることを保証していますからね。
狙い通りの時間帯に浸かって、狙い通りの時間帯に流れが動いたらベイトとシーバスが回ってきて、捕食が始まって・・・釣れるとそりゃ楽しいでしょう。
皆もこんな釣り好きでしょ(笑)

磯ヒラスズキはこれの強化版というか、これに時間軸(その連続性)という要素が消えた代わりに風と波が新たに加わり、狙うべきピンポイントが指定された感じです。

そんな釣りを荒れた磯独特の、チョット危険な雰囲気がプラスされた環境の中でヤルわけですから、面白いに決まってるじゃないですか。


オモシロイゾ~ゥ・・・磯ヒラスズキ!


DSCN3961.jpg


あっ、でも、磯ヒラをやるうえで必要な安全装備を整えることができない(する気がない)人は別にせんでえーよ。
ライジャケ・スパイクシューズ・スマホの防水対策は必須。
ライジャケは前面にポケットがついている普通のゲームベスト型でもいいし、ポケットがない機動性重視型でもいい。
前面にポケットがついている普通のライジャケを持っているならまずはそれでスタートすればいい。
磯の靴にはケチらんほうがいい。靴ケチって命失くすって馬鹿らしいやろ?
スマホはできれば防水ケースではなく本体が高い防水性を持つものがエエぞ。








関連記事