Bears Rock インフレータブル車中泊マット


mat8_koshiraku_01_br.jpg


ウレタンフォーム+空気(半自動膨張式)のハイブリッド車中泊マットレス。

どういう車中泊マットレスかの説明は↓リンク先の説明文と動画を参照のこと







実際に使ってみた感想としては・・・





PIC_00838.jpg


・寝心地はマジでいい

・一晩中寝ても背中は痛くならない(ガチ)

・車をフルフラットにした時にできる多少の段差を背中に一切感じなくなるほどの厚みがある

・展開は結構早いが最終的には自分でバルブに息を吹き込んだほうがいい

・寝心地の良さ以上に断熱力の良さに驚く(朝の冷え込みに強い)

・展開からの収納は思ったより大変ではない

・「厚さ8cm」という響きから収納の困難さを想像して敬遠する必要はまったくない

・元のバッグに収納するのに四苦八苦とかは一切ない

・膝で空気を抜きながら丸めるだけだから単純で簡単

・ただし、ある程度の時間は必要なので収納は釣行が終わってからがいい

・収納作業は開けた場所・・・たとえば広い駐車場のド真ん中なんかがgood

・収納時はかなりコンパクト(シュラフと同じくらい)で余計な荷が増えた感はあまりない

・そんなに重いものではない

・我慢できるナウなヤングには必要ないかもしれないけどお年を召されたお兄様方にはかなりオススメ

・損する買い物にはならない

・つーか、車中泊するアングラーなら買え






で、




肝心のサイズ選び・・・

キングサイズ(200cm*75cm)





シングルサイズ(190cm*65cm)



のどちらがエエかというと・・・









釣り車中泊用にはシングルサイズ(190cm*65cm)を
圧倒的にオススメします

だって自分がキングサイズ選んでチョット後悔してるから(苦笑)





軽やハッチバックは選択の余地なくシングルサイズしかないと思います。

キングサイズはガチでデカいです。
200cmのフルフラット長を確保できる軽バンやコンパクトカーは一部存在すると思いますが、横75cmは荷の収容力的に無理だと思います(残り30cmくらいの隙間に荷を乗せることになって釣り道具の行き場がなくなる)

ではそれ以上の設置スペースがあるクルマ、横75cmを敷いてもまだ十分な荷のスペースが残るクルマには・・・?





やっぱりシングルサイズ(190cm*65cm)がオススメです。

というのも、横75cmのスペースを確保するために一度車内を整理するのが面倒なんです。

寝心地はホントいいんですけどね・・・敷くことが可能なんだけども前準備がメンドイ、と。
1日12時間、山やら崖やらを登り降って竿を振り回し続けた身としては、最小限の動きで眠りにつきたいんです。

実用上、キングサイズ(200cm*75cm)のマットレスを敷こうと思った時に荷の整理が一切必要としない釣りクルマって多分ハイエースとか、キャラバンとか、デリカとか、そういうクルマと思いますけど、そういうクルマは(望むなら)シングルサイズを2枚並べて寝たほうがエエって話なんですよ(笑)


mat8_koshiraku_19.jpg


ちなにコレ、穴が空いたら(当然)空気が漏れて膨らまなくなるんで、展開したあとの車内でのフック交換作業は厳禁です。
修理キットが同梱されてますし、ウェーダーの補修を自力でやる我々アングラーからしたらその手の作業はお手の物なんですけどね・・・


・・・というわけで【Bears Rock ベアーズロック キャンプ マット 厚さ 8cm 自動膨張式】のインプレ終わり。


楽天で6980円くらい、アマゾンで7530円くらい・・・まぁ価値ある買い物といっていいでしょう。


あとはシングルサイズを買って寝るだけやぞ!


本格的な冬が来る前にお勧め。
関連記事