100人中100人に合うルアーとか無いぞ

DSCN5750.jpg


これはルアーフィッシングだけの事じゃないんですけどね・・・ぶっちゃけ世の中、どんだけ良い物であってもそれを好きになれないっていう人が必ずいます。


○○賞総ナメ!興行収入○○億突破!!みたいな超ヒット映画でも100人が観たとしたら10人くらいは「全然面白くなかった」「何がいいのかわからなかった」みたいな感想を持ちます。

Youtubeとかにある、愛くるしい子犬の動画(誰がどうみてもただひたすらカワイイだけのヤツ)にもサムダウン評価が5%はついてます。

レストランの口コミとかもそう・・・ほぼ★4か★5の評価で占められている中、「あまり美味しくなかった」「自分には合わなかった」みたいな★1評価を残す人が絶対にいます。


これはもう誰のせいでもなく、世の中こういうモンだと思ってください。


当然、ルアーにしたってそうです。
他人が言う「マジで釣れる超絶お勧めルアー」が自分(つまりアナタ)に合わないことだってフツーにあります。
100人いたら100人が好きになるルアーとかありません。



逆にいうと・・・誰しもが裂波120とかTKLM9/11とかエリア10とかVJ-16みたいなルアーに対して「全然釣れんかった」「何がいいのかわからなかった」「自分には合わなかった」みたいな感想を抱くアングラーなり得るということです。


これはもう誰のせいでもなく、世の中こういうモンだと思ってください。
(大切なことなので2回目)





DSCN1027.jpg


まぁこの道のセンパイ(←もちろん自虐的な意味で)であるぼらおさんに言わせるなら


最終的には「自分の好みのルアーは大体こういうものだ」と、己の嗜好をハッキリさせると「人に流されるルアー選択(購入)」はしなくなり、それに従ってルアーの合う合わないの失敗が減ります・・・まったく皆無になる・・・とはいわないまでも激減します。

自分の嗜好がハッキリしているということは自分のスタイルに自信を持っている、ということです。

自信を持っているとはどういうことかというと、他人(プロの実釣動画やら雑誌記事やらブログやら)が使っているのを見て得られる「自分も買わなきゃ」とか「自分もこれさえあれば・・・」みたいな不安・焦燥感からルアーを買うのではなく「あ、これは自分の釣りでいうと○○みたいなシチュエーションに出番がありそうだな」という風にルアーを自分の釣りの一要素に落とし込んで考えた上で買うようになるわけですね。

「ルアーを買う前から既にそのルアーの役割を具体的に想定できる」

こうなるとビックリするくらいルアー購入の失敗(合う合わないのハズレ)が減ります。
「自分も買わなきゃ」とか「自分もこれさえあれば・・・」的な思考で買うとこれができません・・・具体的な役割を想定できないのに何故かそのルアーを買えばシーバスが釣れるようになるかもしれない、という希望的観測だけがあるはずです(笑)


DSCN1081.jpg


とはいっても初心者がこの境地に辿り着くまでにはいくつかのプロセスと時間が必要で・・・


・知識を広めるためにも定番といわれるルアーは一通り買ってみること
・ここ10年、いや、20年くらい定番中の定番といわれ続けているルアーであっても合う合わないの「相性」があって、その事実を身をもって体感すること
・自分に合う(好きな)ルアーの傾向を見定めてとことん使い倒してみること
・自分に合う(好きな)ルアーではカバーしきれないシチュエーションがあることを体感すること
・定番といわれてたけど自分に合わなかったので使わなくなったルアーを改めて見返してみて、その性質の意図に気がつくこと


やっぱり最短でも2~3シーズンは必要なんじゃないかなあ・・・と、思いまする。

いや、他のジャンルの釣りに精通していたりすると話はまた別なんですけどね。


結局初心者のうちに必要なことは定番と言われているものを買って自分で使ってみる、そして何故そのルアーなのか自分なりに理由を考えてみる・・・という基礎作りなんですね。

高層ビルは砂上には建ちません。


DSCN8846.jpg


あ、重要なこと言い忘れてた・・・


とあるルアーと相性が合わない(好きになれない・なんとなく使いたくない)のは一時的な現象であるかもしれません。
ある河川での出来事をきっかけに好きなったとか、あるシーズンを境にそのルアーの良さに気がついたとかよくある話です。
よってルアーに明確な瑕疵がある場合を除いては「このルアークソ」だとか「このルアーは使えない」だとか断定するのは避け、逃げ道となる口上を残しておくと良いでしょう。



いやあ・・・まあ、普通の人は「自分には合わなかった」程度でお茶を濁すと思いますけどね・・・居るんです、そういう人。

裂波120を使えないとか意味がわからないとか言い続けることン年・・・去年になってイキナリ「やっぱり裂波はこのカラーだよね」とか言い始める節操のない人とか・・・

関連記事