『ヒラスズキはミノーで釣るもの』←ウソだぞ バイブ使えばもっと釣れるぞ

DSCN0309.jpg


デイリーシーバス界隈に存在する謎の勢力・・・「ワームはずるい」

磯ヒラスズキ界隈に存在する謎の勢力・・・「バイブはずるい」


こんなこと言ってるヤツらを信じていたらいつまで経っても上手くなれねーぞ!





「バイブ使うと釣れるのはわかってましたけど・・・ジブン、ミノーに拘りありますから」


はぁ?

釣ったモンが正義なんだよ

釣れなかったヤツは家帰って村○基サンのDVDでも観てシコシコ(注1)してろよ
(注1)シコシコとアシストフック作りに励むという意

つぅーか

テメーの中で勝手にルアーの序列・・・

トップ>ミノー>シンペン>バイブ>ワーム

みたいなの作り上げるのは自由だけど


ヒラスズキはそんなコト全然関知してねーからな


DSCN9660.jpg


つぅーか

使うルアーに美学があるならトップを貫けや

え?

トップ縛りは厳しすぎてムリ?

じゃあなんでミノーまでOKなんだよ!

え?

実はシンペンまでOK?

じゃあシンペンまでがOKでバイブからNGの基準はどこからやってきたんだよ!

え?

うまく説明できない?なんとなく?

・・・第三者に向けた論理性はおろか自分の中での整合性すらなくねぇか、それ?

何も語ることができねぇテメーに代わってオレが真理というものを説明してやるよ


結局はよ

釣れりゃあいいんだよ

釣れりゃあ


同じ日の同じ時間帯に
同じ海の同じサラシから釣った
同じサイズのヒラスズキが
使用したルアーの種類(トップ/ミノー/シンペン/バイブ/ワーム)によって
価値が変動するなんてことはねーんだよ
ミノーで釣って爽快でバイブで釣って不快なんてこともねーよ









KIMG4096_2019.jpg


いやあ、居るんですよねぇ・・・ヒラスズキ界隈にも

「バイブなら誰でも釣れる」

とか

「バイブは簡単すぎる」

とか

「バイブには美学がない」

みたいな思想を持つ過激派が。


磯ヒラスズキ初心者の皆さんは
この謎の勢力に騙されないように(笑)



バイブは磯ヒラスズキに必要なジャンルのルアーです。
そもそもバイブに限らず一般的にはルアーとは「魚を釣るための方法」であって「目的そのもの」ではありません。
バイブを通せば釣れる可能性があるとわかっているのに謎の拘りからバイブを投げるのを拒絶する・・・みたいな人が仮にいたとしたら、その人はアホです(断言)
初心者がそんな奇特な人の行動を真似する必要はないですし、その謎の拘りに惑わされる必要もありません。

まぁぶっちゃけこういうのは

「バイブでしか釣れない時がある」

という厳然たる事実をもってして完全論破できるんですけどね。

バイブ程度の大きさ(70~90mm)にしか反応しないとか
バイブのアクションじゃないと反応しないとか
沈めたバイブが通るレンジじゃないと反応しないとか
レンジ云々より上から落ちてくるものにしか反応しないとか
下の流れの中でステイさせないと反応しないとか
これらの複合的な組み合わせじゃないと反応しないとか
そもそも足場が高くてバイブしか使えないとか
バイブしか使えないエクストリーム天候であるとか

要するにバイブは簡単だとか何だとか主張される御仁らはバイブというルアーの奥の深さを知らないか、知っていてもこういう日は諦めて家に帰って村○基サンのDVDを観ながらシコシコ(注2)すると決めているんでしょう(笑)
(注2)シコシコとフック研磨に勤しむという意

バイブは簡単かもしれないけれど奥が深いルアーです・・・使い手によって明確な差が出ます。

「バイブは簡単だ」で止まっている人はバイブというルアーの一面・・・上澄みだけを見てその先の探求をしなかった人です。

そしてもちろんバイブは万能ではありません。

ありとあらゆるルアーと同じく、TPOに応じた選択が求められるルアーです。


結局この記事で伝えようとするモノは何かというとですね・・・



初心者のあいだは論理性を欠く奇妙なコダワリを持つのはやめなさい



ってこと。

知識の広がり、可能性の広がりを、自ら摘む必要はまったくないんですよ。

攻めに攻めたあとのサラシでバイブを深く沈めて払い出しに誘導し、強烈な流れの中ステイ(本当になにもしない)させること十数秒・・・フッと流れが弱まった瞬間にバンッ!!


DSCN3532.jpg


なんてことがあるんです、フツーに。

上手くなってきたらいくらでも拘りだの縛りだのを導入してもらって結構ですけどね。

そういうヒラスズキが居る、そういう釣り方があるということを知った上で「ヒラスズキはミノーで釣る」というスタイルを貫くのは素敵ですけど、界隈に流れる妙な空気を読んで「フリ」をするはちょっと損じゃないですか。
関連記事