あれば便利といわれるフックキーパー3種を比較してみた

DSCN0976_202.jpg



結論:これ、別に要らなくね・・・?



強いていえば富士工業のが多少は実用的。

ダイワは「ウーン・・・」って感じで

コーモランに至っては・・・


DSCN005221.jpg





富士工業 ルアー用フックキーパー EHKM


DSCN0975.jpg



メリット
・一応実用的
・針先を掛けやすいし外しやすい
・いちばんマトモなルックス
・「プーリー」のギミックつき

デメリット
・小物というのも憚られる”ザコモノ”としては高い気がする(400円くらい)
・実店舗ではなかなか入手できない
・「プーリー」のギミックはどうでもいい


PIC_00790a.jpg


感想
これが仮にロッドにデフォルトで付いていたとしたら邪険に扱わなくてもいいかな・・・というアイテム。
このフックキーパーで一番感心したのがロッドからの脱落やフックを留めた際のグラつきや勝手な移動が無い・・・というところ。
(つまり他のキーパーはそういうことがある)
しかしこれに400円出して是非買いたいとか、これを売っている釣具屋を探すのに価値があるとかいうのはまた別の話。

ダイワ ルアーフックホルダー


DSCN0972.jpg



メリット
・安い(店頭では200円くらい)
・多分どんな店にもおいてある
・カラー展開が豊富

デメリット
・緩みやすい
・針先を掛けにくい
・めちゃくちゃチープなカラーばかりで実質ブラック一択
(みよ、この絶望のカラー展開を!)


DSCN005223.jpg


感想
これは要らんかな・・・もし仮に無料で配布されていたとしても・・・うーん、やっぱり要らない。
よほどティップが硬く強いロッドで、その反発力からフックをチョークガイドに掛けるとガイドフレームが負荷に耐えきれず変形してしまう・・・みたいなロッドUC11のことかならこんなフックキーパーでもありがたいという話かもしれませんけど、大抵のシーバスロッドはそんなことはないわけでして。

コーモラン フックキーパー


DSCN0973.jpg



メリット
・すぐに外れてなくなる

デメリット
・すぐに外れてなくなる

感想
コーモランフックキーパーを装着したロッドで実釣しようと現場に着いたら失くなってた。
おそらくキーパーの形状的にももっとも実用性に乏しいモノと推測される。

結論

チョークガイドまで手を伸ばすのがメンドクセ・・・
もっと手元近くにルアーを休ませる場所があったら便利じゃね?


↑これってどう考えても「切実なニーズ」じゃないんだよなぁ(苦笑)
手を30~40cm余計に伸ばしたくない・・・なんてこと、ある?あったら老人やぞ

硬めのロッドでフックを掛けるガイドのフットがダブルじゃない場合、僅かなティップの曲がりでもその反発力でガイドを引っ張ってしまう・・・その変形を防ぐためにもガイドラッピングの寿命を伸ばすためにもフックキーパーを装着するってパターンがもっとも実用的な使い方だと思いますが、都市部の釣りで使われるロッドでそこまで硬いロッドって・・・滅多にないでしょ。
んでもって磯のロッドはバットの口径が太すぎて装着不可だったりするし。


DSCN005222.jpg


どうしても付けたいというなら、自分はやっぱり実用本位でフジを選ぶかなぁ・・・9ft6in以上のロッドに。
(それ以下の短いロッドにこういうアイテムいらんやろ)
ダイワは付けても使わないというか・・・ウン、そういう感じ。
コーモランは海辺のゴミとか海中のマイクロプラスチックを増やしたい人にお勧め。



というわけで
一番シャレオツで一番実用性に富む
フジのEHKMが最強です




おわり


はあ・・・自分史上もっともどうでもいい製品比較やったワ
関連記事