き、貴様ッ!ランカーヒラスズキかッ!?

KIMG1362.jpg


「時間的にあと二ヶ所くらしか回れない」

なんてことをついさっき言ったような気がしますが、二ヶ所目が壮絶なるハズレだったので早々に見切りをつけもっと多くの場所を回る目算を立てます。
いいですか皆さん、ついさっき別の子に「好き好き」って散々いっておきながら、今、目の前にいる子に「好き好き」って真顔で言える図太さこそが、人生を楽しく歩んでいくための秘訣なのです。

ビギナーの頃は「いい感じにサラシている」+「行き来に労力を掛けている」この二要素が噛んでいる場所だと中々見切りをつけきれないと思いますが、ある程度やりこみ経験が貯まってくると


あっ・・・ここは・・・


って感じに、ドツボにハマる前にアッサリ諦められるようになりますね。





ま、そういうコトができるようになるまでは「愚直な全量検査」をするのも良いと思います。

「サンプル抜き取り検査」で磯の調子を見極められるってことは「愚直な全量検査」の時代を経験してるってことですからね。

遠回りこそが近道かもしれないってヤツですよ。

ま、逆にボクくらいになると「ベイト」「鳥」「潮加減」などの有力な状況証拠が無いと粘らないんだよね、フフフ。





なんてスカした事を呟きながら三ヶ所目にエントリー


KIMG1341_2020a.jpg


巨石絡みの磯好きなんだよなあ

ぽんぽんぽんと撃って・・・


KIMG1342_2020a.jpg


グエー・・・

というかコレ、この手で抱きかかえたところまで行ったんだからキャッチにカウントしていいやろ



怪しい小ワンドが足場のすぐ近く(6mくらい先)にある

遠くからミノーを引っ張ってくる

サラシに突入させる手前でジャーク連発する

ミノーがサラシに入る前に堪らずヒラスズキが飛び出てくる

ガバッ!全部丸見え気持ちイイ!

つーかこいつデカくね!?

磯際で潜られてかなり擦られてしまうも接近戦を制する

波を待ってランディングゾーン(危険地帯)にズリあげる

フィッシュグリップで掴む余裕がないっぽいのでリーダーを掴んでもう少し安全な場所に移動しようとする

魚が重すぎ(&擦られ杉)てリーダーがブツリと千切れてしまう

慌てて這いつくばるようにして魚体を抱きしめる

(危険ではない)波がくる

文字通り「水を得た魚」となってスルリと海へ還ってゆく・・・



このあと78cmのヒラスズキを釣った自分がいうのだから間違いないです・・・これはランカーでした(確信)

念の為FIFAに確認したところ、VARでキャッチ成功の判定が降りたのでこれはキャッチでしょう・・・はい、キャッチ認定ですね。

2020初ランカーですね(迫真)





ちなみに切れたのはリーダー(ナイロン7号30lb)や・・・(急にアヤシイ関西弁になる)

これがアカン選択やった・・・一ヶ所目は高所だったのでランディングにモタつくかもしれんと考えてフロロ8号をいれといたんや

そして二ヶ所目からは足場が比較的低くなるから、擦れに対する耐久性より「長さ」を優先してナイロンに替えたんや

そしたらまさかのまさか、この選択が完全に裏目にでてしまったンゴ・・・


DSCN1467_2020.jpg


長くしたリーダーでもカバーできないところを擦られとるし(これはハードコアX8プロの異常な性質のお陰で助かった)

ナイロン7号では支えきれない重さの魚を持ち上げてしまうしで、とにかくアカンかったんや




こういう出来事があると粘りたくなるのが心情というモノやけど、ワイ将は冷静やったんやで・・・三ヶ所目はここまでかなと見切って次の四ヶ所目に向かったのです(なぜか口調が元に戻るけど妙な丁寧語になる)


KIMG1351.jpg


勝 っ た な 

なんて、サラシをみて一言・・・投げる前から妙に強がってますが実は「頼む、1匹・・・あと1匹でいいから」と超弱気でした。

え、なるべくバイブ使って釣ってくれって?

ンなん4月でいいっしょ、4月で。




・・・で、



KIMG1355.jpg


KIMG1356.jpg


KIMG1354_2020.jpg


完 全 勝 利


いやさ、あのさ、ああだこうだとウンチクを語る必要はないっしょ。


サラシがあった

ルアー投げた

ヒラスズキが居た

今度は確実に仕留めた

リリースした

これだけの話よ


いや、実はルアーをサラシに突入させる前に・・・(凄い早口でウンチクを語りだす)


チャンチャン!

使ったルアーズ


KIMG1358_2020.jpg

このルアーのレッドヘッドねぇ・・・実は某君とも話してたんだけど、レッドヘッドだけ激ヤバルアーになってるっぽいんだよねぇ

多分、塗装がシンプルで外殻に載ってる重量がアクションに影響してるんだと思うんだけど、このカラーだけアクションに特に艶があって許容されるリトリーブスピードの幅がめっちゃ広い。

このレッドヘッドリングは#3フックも#3激ヤバ

ちなみに千切れて逃げた(キャッチ成功判定)ランカー(VARによりランカー認定)のヒットルアーもこれ


KIMG1368.jpg


レッドヘッドよ、マジで。

こんなタックルを使っています







何分、1匹がどうしても欲しい釣行だったのでバリヒラ11MHを選んだわけですが、どのバイトも重厚でガッチリ掛かる感じがあってUC11でも良かったというか、UC11”が”良かったのかな(笑)
ま、バリヒラ11MHでも純粋にヒラスズキ相手なら負けることはありませぬ。


KIMG1360_2020a.jpg




リーダーはシーガー最強のグランドマックス(赤)のままで行くべきやったなぁ・・・
ナイロンにするにしてもせめて8号にするべきやった
これから気温も海水温も上がってくるし、基本フロロがいいかもね

DSCN0992_2019.jpg
関連記事