シーガー PEX8 ルアーエディション ファーストインプレッション

PIC_00150.jpg


シーガー(クレハ)といえばフロロ
フロロといえばシーガー(クレハ)


・・・というくらいにフロロ屋としての高い名声を博しているシーガーですが、かれらはフロロ屋である前に「糸屋」なので当然のようにPEも出していたりします。

が、どうもシーガーのPEってOEMらしいんですよね。
「完全シーバス」は実はよつ○み製だというウワサが絶えませんが、それがホントかどうかは自分には分かりません・・・
まぁモノが良ければ自社製だろうが他社製だろうがどうでもいいんですけど、この

「シーガー PEX8 ルアーエディション」

ってどうなん・・・?

・8ブレイド
・IZANASを使用
・お手頃価格
・150m or 200m

端的にいってしまえば、依然としてG-soulx8 upgradeが覇権を握るも、各社がしのぎを削って争っているグレードのPEっすね。
ファーストインプレッションですが、自分の中ではこのラインに対する結論が既に出ています。

ちなみに赤いパッケージのシーガーPEX8は、青いパッケージのこの「ルアーエディション」がリリースされる前から存在した、オフショアジギング用の5色マーカーバージョンです。300mもラインナップ。






で、このシーガーPEX8ルアーエディションは・・・








細さと強度


PIC_00151.jpg


なかなか細く仕上がっていると思います。
いわゆる「ウルトラジグマン系」の極薄コーティング系(もしかしてノンコート?)・・・同価格帯のPEでもっとも糸質が似ているのはデュエルのスーパーエックスワイヤー8かな。


0.8号で平均16lb/最大18lb
1号で平均18lb/最大20lb
1.2号で平均21lb/最大23lb
1.5号で平均24lb/最大26lb
2号で平均33lb/最大35lb


スペック的には大したことないようにみえますが、スペックに記されている破断強度の大小でラインの良し悪しを決めるのはド素人のやることです。

これまで16522268567回くらいこのブログで喚起してきたことですが、念の為。
10年くらい前のことですけど、真面目に作られた(&ちょっとお高い)PEが自己申告していた破断強度なんて1号でだいたい14~16lbくらいだったんです。
信頼できるPEであればそのスペックが記すところの強度が1号14~16lb程度でなーにも問題なかったんですよ。
ところがクソみたいなPEどもが次々に「じゃあオレは18lbね」とか「いや、おれは20.8lbだから」「ふふふ、オレのPEは革命的に0.3号で16lbだから」とかめちゃくちゃな表記をしちゃったんですわ。
ちなみに「1号20.8lb」の主張をしたのはクソPEラインの代名詞的存在のラ○ラです。
店頭で手にとってもらえる可能性を少しでも上げるため、パッケージで初心者を騙す確率を少しでも上げるため、そういうコトをしてたんですワ、ヤツらは。



もちろんユーザーにはこのインチキ合戦から得られる利益がありませんでした。
そうなると業界全体の信用が落ちますよね。
で、いま、やっとのことでPEライン業界は無茶苦茶な自己申告がなかった時代の強度表示に回帰しつつあるワケですよ。
当然、素材やら技術やらは向上しているのでスペック的には当時より「微増」することになりますナ。

1号で18lb・・・十分じゃないですか。

カラーと視認性


PIC_00163.jpg


カラー名は「パッションピンク」

ハードコアX8プロのブライトイエローよりサラシでの視認性は格段に上です・・・磯で見えやすいか見えにくいかでいうと、間違いなく見えやすいカラーに属します。
ただし、ショッキングピンク的な鮮やかな色ではなく(どちらかというと赤に近い気がする)、曇り空やサラシがまったく無い濃い海の色には同化しがちで、手放しで「視認性サイコー!」という気にはなれませんでした。

濃いサラシとの相性は◎
薄いサラシとの相性は○
黒っぽい岩肌との相性は△
サラシがない海面との相性は△

磯での使用感を総合的に考えた場合G-soulx8upgradeのライムグリーンよりやや上ってところ。
シーバスのナイトゲームの場合、ライムグリーンのマーカーが多少なりとも軌道を教えてくれるヒントとなると思います。

射程と滑らかさ

性質はウルトラジグマン系で似ているのはデュエルのスーパーエックスワイヤー8といえば・・・はい、よく飛びます。
逆にこれで飛ばんラインやったらアカンやろ(笑)
特にゴワゴワなハードコアX8PROを使ったあとにコレを使うと感動モノ

ただし・・・この価格帯のPEで「薄いコーティングのふわふわ系」は実釣1,2回目くらいがピークで、なぜか急激に劣化する傾向があるような気がするんですが・・・

操作性&トラブル

ふわふわ系のアカンところはですね、ズバリ、魚を釣ってドラグが出るとめちゃくちゃラインが掘り起こされる点にあるんです。


KIMG1413.jpg


これはアカン・・・高速リサイクラーなどを使って巻けば使ってピッチリ綺麗に仕上げることはできるんですけど、実釣時にボロが出るんですわ。
個人的にはこういうPEを「スプール内での納まりが悪いPE」と表現していますが、シーガーPEX8はまさにそういうPEです。

・巻取り量を減らすこと(スプールキャパシティ目一杯まかないこと)
・ロッドアクションを控えること
・軽いルアーは使わないこと
・強風時には注意すること
・一度ドラグが出たら必ず点検すること

要するに、磯ルアー用途には絶望的に向いていません(苦笑)
巻取り量を減らして痩せたスプールで使えってことは、このラインの長所である飛距離をも殺してしまうってことで・・・うーん

ちなみに自分のトラブル歴は


巻きすぎて爆発が1(←個人的には適量だったと思うが)
再調整するもまだ多すぎたらしく追加の爆発が1(←さらに減らすハメに)
ドラグが出たことによる下のライン掘り起こしdeエアノットが2


もう十分です・・・お腹いっぱいです。


シーガーPEX8は(0.8号~1.2号150mを使ったデイリーシーバスは別として)1.5~2号200mの磯ゲームには絶望的に向いていません。


ちなみにコーティングが薄いせいか、擦れにも相当弱いです。
ササクレが見つかる頻度が異常に多いです。
磯で一度使ったら目視点検の結果など関係なく、先端カットは必ずやったほうがいいでしょう。

コストパフォーマンス&寿命

安ければ1m10円くらいで入手可能なんですが、トラブルが多い&擦れに弱く期待される寿命はかなり短いので決してコスパがいいラインとはいえないでしょう。
頻繁に巻きかえる人ならば問題ないかもしれませんが、1回巻いたら1シーズン通す・・・みたいな人は避けるべきラインです。
基本、使い捨てのラインです・・・「落としたら巻き上げる」を繰り返すだけの廉価オフショアジギング用ラインであって、強い負荷をかけっぱなしのショアキャスティングゲームにはあまり向きません。

撚りが甘くてすぐホツれてしまうとか、糸ヨレが激しくて真円性がすぐに消えてしまって射程が短くなるとか、そういうことは今のところ体験していませんが、今後そうなったとしても別に驚きませんね。

評価

ジブン、言っていいッスか・・・?









これ、スー○ージ○マンX8じゃね?









いや、確証はないどころか、ただのヤマカンなんですけど・・・なんとなくそんな感じがする。
スペックの類似性、糸の質感・・・フワフワ感、耐久性のなさ、その価格帯、etc.


KIMG1398_20.jpg


だとするとこれ以上真面目にインプレする必要はないですね・・・だって何年も前に結論が出ているんだもん!!


違ってたらゴメンだけど、私のゴーストがささやくのよ自分の指先がこれは「スー○ージ○マンX8だ」と訴えかけるのよ・・・もしそうだとしたらだけど、まさか5年経ってまたスー○ージ○マンX8買ってインプレすることになるとは思わんかったわ(苦笑)







関連記事