マリア ブルースコードC60

DSCN1551a.jpg


ブルスコC60

【メーカー】マリア
【カテゴリー】小型シンペン/メバル用シンペン
【スペック】
シンキング
ウェイトタイプ:マグネット式移動重心
全長:60mm 
重量:7g 
フックサイズ#8 
リングサイズ#2

評価

「ワンダー60かブルスコC60か」
といわれるくらい、かつて一世を風靡した小型シンペン。
ワンダー60の記事でも触れてますが「80mmクラスよりさらに小さいフィネスなシンペン」というフォーマットが昔(とくに都市河川/港湾で)猛威を振るっていた時期がありました。

なぜ小さなシンペンが廃れたかというとイロイロ理由がありますけど、結局はシーバス業界が「まずは1匹を釣らせる」というスタンスから「大きな魚を狙わせる」に変化したからなんじゃないかなあ、と思いまする。
別の言い方をすると、シーバス界隈が「デカイ魚サイコー!」的なマッチョ思想に先鋭化した結果こういうルアーが廃れてしまったのではないでしょうか。
業界的にシーバスアングラーの新規獲得・初心者育成に力を入れなくなって、既存の(そこそこ経験のある)シーバスアングラーが欲しいモノを供給するよう努めた結果に淘汰されてしまった・・・というか、まぁそういうコトでしょう。
だってギョーカイ人が動画や雑誌でこういうルアー使ってフッコ釣ってみせたら「なんやコイツ、プロなのに恥ずかしくないんかい?ランカー狙えよ、ランカー!」みたいな感じで批判的になるでしょ(苦笑)
昔は「ボウズ回避のセイゴフッコ捕獲器」に需要があったけれど、今は我々パンピーがそれを許さない・・・つーことですな。

話がちょっとズレましたけど、ぶっちゃけ、このブルースコードC60はその集大成的存在といっても過言ではない、60mmクラスのマイクロシンペンの最高傑作だと思います。
ワンダー60より上。
マイクロシンペンの破壊力を体感したければこのルアーを使うとよろし。




適性

★       サーフ
★★★★   内湾干潟
★★★★★ 河川/河口
★       磯
★★★★★ 港湾

キャスティング

★★★☆  飛距離
★★★★★ 飛行姿勢 
★★★★  キャスタビリティー

ワンダー60と同じくPE0.6~1号でLか柔らかめのMLパワーのロッドを推奨
リーダーは最大で4号16lbまでにしといたほうがええと思います


vbk_L14C.png

画像引用元:マリア公式HP

旧型のブルスコシリーズで採用されているこの円柱型のマグネット式重心移動ユニット、ウェイトが小さく移動ルームが狭く、あまり機能しないようにみえますが実はとってもよく出来ています。
マリアってシンペンの設計が何故か上手なんですよね・・・

レンジ

このサイズのシンペンはちょっと手を緩めると意外なレンジキープ力を発揮したりします・・・といっても水面直下か、もう数十センチ下か・・・くらいなんですけど、その僅かな差が違いとなって現れる日もあります。

アクション・使い方

★★★★★ アクション

基本、何にでも効きます。
バチにも効くし、ハクやら稚鮎やらアミやらシラスやらのマイクロベイトにも効く。
イナッコやらイワシやらの普通サイズのベイトにも60mmの「小型感」が効く。
小型でフラフラしてるアクションだから(レンジが合ってなくても)喰いやすいだろうと思って底からシーバスが上がってくる。
散々投げ散らかしたあとに投入しても効くので数狙いの際にも有効である。
(流石に一晩で1800匹は無理かと思われます)


KIMG1548.jpg


小さいことはイイコトなんです。
小さいルアーを使うと釣れなかった魚が釣れるようになるんです。

【小さなルアー=セイゴ狙い】

ではありません

【小さなルアーを使うと小型から大型までサイズを選ばず釣れるようになる】
【ただしサイズの分布からいって当然小型の確率が増える】
【大型がヒットしたとしてもそのフックやラインシステムのせいで捕獲率が高いとはいえない】

とにかく釣りたい初心者にやさしく、サイズを狙う玄人から敬遠されるような性格になっているんですね。

フックチューン

デフォルトのフックが#8とありますけど、昔のブルスコC60は細軸の#8でした・・・ST46タイプの中軸フックのことではありませんでした。
もしかしたら今のデフォルトはST-46タイプの#8になってるかも?
そうであれば0.46gを許容していることで、このサイズのシンペンとしては異例のことだと思います(すげー)
ちなみに自分が好んで使うのはST-46#10の0.37g程度のフックです。
(当然のことならがST-46#10はST-36BCを含む多くの細軸フックの#8より強度が高いです)

ST-46#10が2コと聞くとかなり不安に感じる人もいるかもしれませんが、実用上においてはエリア10と殆ど同じで、護岸化されたエリアで使う分においてはまったく問題ありません。

ブルスコC60がワンダー60を超えているのがここ・・・60mmのクセに(玄人好みではないとはいえ)最低限のフックチューンを施すことができ、TPOを弁えているアングラーなら使いこなすことができる、ということ。

エリア10は100mmの全長に対してフックアイが3個・・・33mm間隔につき1個
ブルスコC60は60mmの全長に対してフックアイが2個・・・30mm間隔につき1個

こういうことなので、エリア10を使っている人であれば(特にそれが春のバチシーズンであれば)間違いなくブルスコC60を使うことができます。

ルアーの入手

★★★ 値段
★ 安定供給

2019年の春にカラーラインナップを一新したものの2020年3月現在、多くの通販サイトで売り切れ中です。
生産が完全に止まっているわけではないようですが、爆売れするようなルアーではないので「次」がなかなかこないのでしょう。
写真のチャートパールはかつて存在したカラーの一つで今はもうありません。
そのカラーラインナップから推察するに、シーバス用ルアーとしての役目はほぼ終えてウルトラライトゲームにおける汎用ルアーとして存在していくようですね。

総評

★★★★  最終評価

ルアーのダウンサイジングがもたらす破壊力

についてイマイチ実感が湧かない人はこれ買っとけってルアーです。
頑張ってるけどなかなか釣れないという悩みがあるシーバス初心者にもおすすめします。
高確率でボウズ逃れに役立ちます(マジ)
こういうルアーもあるんだと知っておいて損はないです。

☓ 小さなルアー=小魚狙い用
△ 小さなルアー≒小魚狙い用
○ 小さなルアー≠小魚狙い用


DSCN1551.jpg


◎ 小さなルアー=小魚狙い用ではないが小魚が増えがちになってしまうが大きな魚もくることがあり、大きな魚がきた時は運と技量が試されることになるルアー










関連記事