博多湾で夢の大台に届きそうな魚を釣ってしまう

DSCN1541.jpg


どういう理由かわからないけれども、今年の博多湾のバチ抜けは遅かった・・・記憶にある限りにおいてもっとも発生が遅かったと思う。

博多湾のバチパターンのセオリーは「GW頃からが本番」(←逆にいえばGW前でもバチ抜けはあるという意味である)なんだけれども、今年はGW終わってからも中々本格的に抜けがなかった。
(特に夜間の)気温が例年よりかなり低いのが影響してるのかもしれない・・・が、人口160万を突破した国際的大都会・福岡を代表するバチマイスターであるぼらおさんの口からは「釣れないエクスキューズ」なぞは出てこないのである。

岡山や名古屋程度の地方都市のバチ抜けには言い訳があっていいだろう・・・今年はアレがコウで例年になくナントカカントカが駄目とか、好きに言っていい。
サッパの酢漬けで飯をバクバク食ったり、味噌カツや甘辛手羽先を一流グルメと信じてうみゃーうみゃーみたいなこと言ってる地域である。
ぼらおさんは民を愛す・・・彼らの厳しい生活事情は酌量してやらねばならぬ。





あ、全然関係ないですけど
まるなか大衆鮮魚さんを(いつも通り勝手に)リンクに加えました。
ヒラメを中心にアジメバル、時には淡水の釣りにも手を出すなど、多彩なジャンルの釣りを高いレベルでこなす静岡の御仁のブログです・・・インプレ系も充実。



・・・というわけで中々沈まなくなった夕日を背景にエントリー。


・feel120を適当に投げていると完全無反応
・スタスイ80でドチビのアタリを感じつつやっぱり駄目
・ハクは不在でトウゴロウがほんの少し


ああ、日没の抜けを期待してたけど無かったか・・・・
だがしかし、ここは福岡・・・・ニューヨークやロンドンと肩を並べるメトロポリス福岡では「今年は水温気温がナントカカントカでバチがネガティブに云々」みたいな言い訳は通じないのである。
アングラーが主導権を握って状況を打破せねばならぬのである。

バチマイスターであるぼらおさんが学術的見地から地方都市岡山カラーのエリア10を選択し、上げの流れに乗せていると


KIMG2054.jpg


単発でサヨリみたいな体型のフッコ(目視45くらい)が1匹。
群れに対して理不尽な怒りを抱いて憎悪を蓄積し、或る晩に殺意が爆発して30匹くらい殺してそうな感じがするね。

それからすこしの空白の時間帯を挟んで・・・クネクネバチとかトリッキーバチと言われる種の抜けが始まります。
おっ!やっぱり抜けたじゃ~ん!
それとともにあちこちで捕食音が聞こえてきますが・・・


DSCN1550.jpg


とにかく難しい。

バチが流れに纏まってないんですね。
全域・全方向に湧いているからシーバスたちは頭を一方向に向けて定位しているわけではなく、泳ぎ回って食べられるヤツを食べているんです。
何回かマトモなあたり(控えめに見積もっても50up)があったのはあったのですが、クリーンなフッキングには至らず、掛かるのはすばしっこいドチビばかりという構図。


DSCN1551_2020.jpg


↑あ・・・(多分)イソゴカイ
↓バチゲロ~


DSCN1552_2020.jpg


博多湾のレギュラーなバチも抜けてるネ。

ちなみにトリッキーバチは切り離された生殖器ではなく、そういう種類のゴカイです。
あ、さらに付け加えておくと「そういうメタモルフォーゼを起こす種類のゴカイ」です。
切り離された生殖器の遊泳はまた別に存在します。
一種類ではなく、複数の種(シロガネゴカイやアシナガゴカイなど)がトリッキーに変身するようです。

ま、この辺の多毛類に関する知識はメトロポリス福岡のバチ抜けを嗜むアングラーには常識中の常識ですから何をイマサラな話ですよね。



(メザシーバスを適当に数匹釣って終わってしまう短いバチ抜けタイム・・・と、そのとき!?)






ムッゥ!!!






アーリー89Lが今までない曲がりを見せます。


このロッドで70up釣ったことあったっけ・・・?
忘れたけど60台は散々釣ってる
このパワーは最低でも75あるやろ!
んあ・・・これシーバスじゃなくね?



バチ抜けも終わったし、もういっかと思って点灯すると・・・・キビレ
相当でかいぞこれってんで、慎重にランディング。
すると・・・


KIMG2078_2020.jpg


やたらと太い腹
パワーも凄かったしなぁ

これキビレ界の夢の大台である50いったかも

と直感してメジャーを取り出して測定。


KIMG2069_2020.jpg


あー、足りんかったね(笑)
残念無念の47・・・チヌの50と違ってキビレの50はガチなんで仕方ないでしょう。
シーバスに当てはめるとキビレ50upはメーターアップの感覚のはず・・・多分
そういう魚はシーバスの外道として釣れるのではなく、チヌキビレを本命として狙っている人に釣られるのが相応しいと思うので、ある意味50じゃなくてスッキリ(?)


さて、2020年の博多湾のバチパターンですが・・・ズバリいいます・・・今からです。


「今年はバチの調子が良いか悪いか」の判断基準・・・いや、バチ抜けの権化でありバチ抜けの定義そのものであるといっても過言ではない、国際バチ抜け連盟理事長であるぼらおさんが言うので間違いありません。

楽しむのもよし、(あえて)避けるのもよし。

it is up to you

使ったルアーズ


DSCN1547.jpg



KIMG2063.jpg



こんなタックルを使っています






DSCN1555a.jpg


記事内で使用されているフィッシュグリップはコチラから
関連記事