【ガチ】ここ数年の実績だけで決めるシンペンランキング【マジ】

sinpen2.jpg


シンペンを極め尽くした“シンペンマイスター”
シンペン界の頂点に君臨する“シンペンマエストロ”
ありとあらゆる状況に応じて変幻自在にシンペンを操る“シンペンソムリエ”



Mesdames et Messieurs ボンソワール、どうもはじめまして・・・さまざまな呼び名を世間様から頂いておりますワタクシことジャンピエール・ボラヲです。


今日はワタクシのここ数年のデイリーシーバスの実績からシンペンをランク付けしてみました。
皆様方におかれましては役に立たないお手持ちのゴミシンペンを直ちに叩き壊し、当記事を参考にしながら「正しいシンペン」を買い集めることを強く推奨する次第です。





10位:ワンダー80


DSCN8145.jpg



まあこの手のランキングにはワンダーが入っているのが様式美でしょ?
ってことで10位
もちろん現代のシーバスシーンにバリバリで有効なルアーです。
もうちょっと外殻が強かったら・・・ね

9位:フラペンシャロー85


DSCN3489.jpg



集魚力でいうとトップクラスの小型シンペン
都市河川や港湾部で使うとGOOD・・・その名の通りシャローでも使えます。
ほのかに伝わるリトリーブの抵抗感と、パタパタパタパタと忙しく表層を泳ぐイメージが初心者フレンドリー。
ただしフラップは空力的にプラスの存在ではなく飛距離は思ったより出ないし、フラップは簡単に破損する(なくても釣れるけど)。

8位:ロケットベイト95


DSCN1860dfa.jpg



「沈むマニック」と解釈できるし「浮くロリベ88」とも解釈できるシンペン。
レンジキープやリトリーブスピードコントロールは思っているほど難しいものではない。
ヘビーシンペン並のキャスタビリティがあるので大河川にお勧め。

7位:マニック155


DSCN9111.jpg



このルアーは色んな意味で惜しいルアーである・・・イロイロあるけれど結局何が一番惜しいかというと搭載可能なフック(の不自由さ)。
フロントとセンターに#4が乗ったならば神ルアーとして後世まで語り継れていたに違いない(苦笑)
#6でもときどきエビる現実があるが、異常に飛ぶ弟分の135より更に飛ぶ。
他のシンペンだとそれだけ飛んだとしても結局は任意にコントロールできないのでその飛距離があまり意味を成さないが、このルアーの良いところは80~90m飛んだ先のアクション・レンジ・トレースコースを100%コントロールできるところにある。

6位:スタッガリングスイマー100


DSCN1553fa.jpg



スタスイ一族でもっとも完成度が高いユニバーサルなシンペン
「クラス最強の飛距離」とかはないけれど実用上充分に飛ぶ
意外なことに外殻がかなり強い
ARCユニットのおかげで立ち上がり早い
ドリフトで流してもいい
ピンポイントを撃ってもいい
スローに巻いていい
早目に巻いてもいい
イナッコでいい
バチでいい
シンペンの「全て」が詰まってるゾ
カラーに迷ったらジャイアンか関東アユがおすすめ

5位:マニック115


DSCN1610_2020.jpg



このルアーに出会い使い始めて・・・8年くらい?
長年の懸念材料であった装着フックの問題(大きければエビるし小さければ伸される)をついに完璧なレシピで解決。
ランカーも怖くなくなったことでマニック115に死角はなくなった。
圧倒的な飛距離
圧倒的な集魚力
圧倒的なコスパ
飽きさせないカラーバリエーション
etc. etc.
全てを兼ね備えたルアーではあるが、セイゴ捕獲率が高すぎるという弱点(?)もある。

4位:スタッガリングスイマー125


IMG_-3my7lissf.jpg



スタスイ一族で最強によく釣れるのがこの125
シマノがとち狂って一度廃盤にしてしまったが愛好家の支持によって復活した。
どんなシャロー域でも使える浮き上がりのよさに加えて、早く巻いても遅く巻いても維持される脱力系のよく釣れるアクションが光る。
大き過ぎず小さ過ぎない程よいサイズ感で、皆無とは言わないけれどチーバスサイズのバイトを排除してくれるのも嬉しい。
3フックアイとはいえ#5が限界というのが玉に瑕。

3位:ガルバ73


DSCN7928.jpg



釣り場に着いたら:
最初にガルバを投げる(シーバスが居るかどうか確かめるため)
ずっとガルバを投げる(めちゃくちゃよく釣れるから)
最後にガルバを投げる(スレきったシーバスを回収するため)
ここ数年でリリースされた小型シンペンの中で間違いなく最優秀
テクニカルな都市河川とか港湾部で使うは勿論だけど、郊外型のフィールドで使ってもビックリするくらい反応がいいし使いやすい

2位:カッター115


DSCN8809_201.jpg



1位のルアーが存在しなかったら間違いなく天下を獲っていたルアー・・・といいたいけれど、1位のルアーが存在しなかったらこのルアーも(多分)存在していない。
もちろんインスパイア元が存在していないと開発され得ることがないという意味で
よく飛ぶ
よく釣れる
フックがいい
どこでも使える
どんなパターンにも合う
後発の優位性をフルに活かして改善すべき点を徹底的に潰しきった傑作

1位:マニック135


DSCN2195.jpg



自分史上もっともシーバスを釣ったルアー(シンペンバイブミノー問わず)・・・それがマニック135
誇張なしにこれまでマニック135で釣った魚だけで写真集ができる・・・と思う(笑)
そのアクション、その飛距離、そのレンジ、そのフッキング率、そのサイズ感、その自由度・・・全てが最強であるが、最強の王者にも欠点はある。

a)エビ絡みを我慢したくないから#8
b)エビ絡みを我慢して#6
c)エビ絡みとフッキング率の低下を我慢してシングル

フロントとセンターのフックが弱く、これという解決案がないのである


DSCN8169.jpg


細軸フックで獲ることに定評があるぼらおさんでさえマジで苦戦する・・・どうやってもフックチューンで打開できないのでやがてドラグ設定とロッドチョイスに解を求めることになるでしょう。















いかがでしたか?

(何故か急にクソサイト風の口調になる)

このランキングはぼらおさんがぼらおさんの主観100%のもと、ぼらおさんのために書いたぼらおさんの記事ですので読者の皆様の参考にまったくならない可能性が900%くらいございます。
免責事項として予めご了承ください。
関連記事