タックルのメンテに本当に必要な【知識と技術】はたった2つしかなかった

1733892_m.jpg


自分でできたらいいなァ

できたら便利だろうなァ

いや、それより「オレって趣味してる」って感があって格好いいだろうなァ



リールの分解整備


ロッドの高等メンテ
(セルフでのガイド巻き直しやグリップ交換など)



自作ルアービルディング



結論からいうと、これらの高度なメンテナンス技術はソルトルアーフィッシングを続けていく上では

「できるに越したことはないけれども、できなくても全然問題ない」

程度のものです。
それらは釣りの楽しみにおける副産物というか・・・どちらかというと「自分で作る楽しみ」という別の嗜好が多大に混じってますね。


「釣り」という行為の根幹にダイレクトで直結している、ソルトルアーの道具に関する技術と知識はたった2つ、しかもごく単純で簡単なものです。
一つはラインの管理・・・リーダーとメインラインをつなぐ結束技術と、メインラインの状態を見定め巻き直すか交換する能力です。
一つはフックの管理・・・適切なフックを使用し、必要なら研ぐか交換するか見定め、常にフックの状態が万全であるよう管理する能力です。



リールが分解できなくてもシーバスは釣れますし、ロッドビルディングのノウハウがなくてもヒラメは釣れます・・・いや、極論をいうと、リールの分解ができなくてもマグロは釣れるし、ロッドビルディングのノウハウがなくてもGTは釣れます。
ですが結束技術がめちゃくちゃだとシーバスは釣れませんし、フックが潰れているのに気がつかないようだとヒラメは釣れません。
マグロを釣るためには確かな結束技術が必要であり、GTを仕留めるためにはルアーに適合する重量とGTに負けない強度と顎を貫く刺さりの良さを保ったフックを選ぶ知識が必要であることはいうまでもありません。


つまり・・・?


初心者はこの2つから逃げんほうがええぞ(苦笑)
だって逃げた先には発展がないんだもん






ライン管理その①・・・リーダーとPEの結束

このブログでもうすでに9000回くらい述べてきたことですが、魚と自分を繋ぐ生命線であるライン結束を人(主にラインを購入した店のスタッフ)に任せるという行為(およびその性根)は推奨されるものではありません。

自分の結束に自信がないからといってリーダーが30cmくらいになるまで(たまたま上手くできたか、店のスタッフにやってもらった)リーダーを後生大事に守るように使いまわすのは本末転倒です。

まず最初は業界のスタンダード(?)ともいえるFGノットを身につけましょう。
FGノットでググればやり方が詳しく載っている動画や解説サイトが100万件くらい出てくるはずです。
練習に励みましょう。
FGをある程度習得できたらそのままFGノットに定着するもよし、MIDノットやSCノットに移行するのもよし・・・一度身につけたらあとは自由です。
FGノットは便利な器具も出回っているので、どうしても上手にできないという人は使用を検討してみること。

knotassist2.jpg



ついでにいうと、結束の技術向上に終わりはありません。
ラインを結ぶという行為は釣りにおける「コア技術」なんでしょうね、多分。
より速く、より小さく、より強く、より正確に・・・意識して取り組むと必ず進歩します。
かくいう自分はフルフィンガーグローブを両手に着用の上で、夜のウェーディング中でも強風吹き曝す磯の上でも(特に急がずに)5分くらいで結束完了し、戦線に復帰することができます。


KIMG0117_20190.jpg

ライン管理その②・・・PEのダメージチェックと巻き直し

PEのダメージは先端に出やすいので、できることなら毎回傷の有無やササクレの度合い(あるいはヨレ具合)をチェックし、必要に応じて先端カット(1~2mほど)を施すのが好ましいとされています。
そして全体的にダメージが蓄積されてきたなと感じたら裏返すと同時に下巻き量を調整したり、PE自体が短くなり過ぎているならばPEを交換するのが適切です。
PEラインは(使用環境および製品の質にもよりますが)上手く使えば半年くらいは平気で保つラインですが、その寿命は無限ではありません。
仮にPE自体にはダメージがなくとも、ライントラブルで数10mカットした結果スプールが痩せてしまって飛距離がでないとか、大型を釣ったらラインがドラグのせいでスプールに食い込んで歪な形をしているとか、そういう場合にもラインの巻き直しはトラブル回避のため有効です・・・「少しでも気になったら巻き直し」の習慣をつけましょう。
ちなみに↓別にこういうブツがなくても巻き直し作業は可能なんですが、この話のミソは「巻き直し作業が億劫にならないこと」なので、高速リサイクラーに代表されるアイテムの使用は強く推奨されます。


KIMG0433_2020.jpg


フック管理その①・・・フックを研いでみる

フックは化学研磨されているから自分で砥ぐのはNG
仮に砥いだとしても元のシャープさは絶対に戻らない


↑誰が言い出したかわかりませんが、嘘800%ですコレ。
フックメーカーが砥ぐという行為にあまり肯定的にならないのは、”素人の生兵法”のデタラメな砥ぎで刺さりや耐腐食性や強度を悪化させる可能性を見過ごせないからでしょう。
フックは砥げます。
フック砥ぎは実は奥が深く、語りだすと三日三晩あっても足りないくらいなので割愛します(刺さりの良いフックの重要性について語るとするならば広辞苑、いや、六法全書くらいの分量となる・・・笑)が

「我々一般人でも実用的な刺さりをフックシャープナーによってある程度取り戻すことは可能である」

というのが真実です。

物は試し、適当なフックシャープナーを買って実践してみると・・・3度びっくりすると思います。

1つは、自分のフックがどれだけ鈍っていたかということに。
1つは、フックはフックシャープナーで簡単に再生できるという事実に。
もう1つは再生したフックで実釣した際に気がつくはずです・・・いままで逃していたバイトは決して獲れないモノではなく、ただ単になまくらフックのせいだったということに。





余談ですが、この動画にもあるとおりフックシャープナーを使う際は針先から引きます。
大事なことなのでもう一度・・・針先から引くのであって、針先へ押すのではありません。
針先へ押すと金属バリが先端に向かって発達するので実はあまりシャープになりせん(マジ)

「爪直角引っ掛け法」による一番簡単なチェック方法もセットで覚えましょう。

フックポイントを自分の手の爪に直角に軽くあてながら引いてみてその結果が
・フックポイントが爪に刺さって動かない=超尖ってる合格
・フックポイントが爪に傷(抵抗)をつけて動く=一応合格
・フックポイントがそのままツーっと動く=鈍い失格
これは爪を魚の口腔だと模してやるもので、爪に傷一つつけずにツーっと動くなら仮にバイトされたとしてもフッキング動作を入れるまえに吐き出されてしまうだろうという理屈です。
実際、魚の口の中というものは意外と硬いもので、ヒトの爪にさえ引っ掛からないフックは魚の異物吐き出し行動でも同じように引っ掛からずに吐き出されるであろうという考えは理に適っていますし、自分の経験上、このテストはフックのシャープネスを図るメソッドとして非常に有効です。


DSCN8244.jpg





フック管理その②・・・フックを交換する

DSCN8994.jpg


フックが伸び開いたり、錆が全体に回ったり、再生不可能なレベルで針先が潰れたりすると交換せねばなりません。
フック砥ぐのが面倒くさいというお大尽サマは鬼のようにバンバン交換しましょう。
ルアーフィッシングというものはフックが刺さらないことには始まらないんですね。

「釣る人はルアーそのものよりむしろフックにお金を掛けている」

↑有名な議論ですが、自分は300%賛成します・・・このルアーの絶妙なる波動がああだこうだ、このカラーによる特有フラッシングがああだこうだとブツクサ言う暇あったらフック交換しろと(笑)



ある程度釣れるようになったら必ずこのフック問題(砥ぎ・交換・出費)に直面します。
そしてデキル人は見えないところにこそ注意を払っているモノだということを知るでしょう。
そして


釣りは魚に近いところから金をかけるんや


という言葉は真理であり、真実であるという結論に至るでしょう。


以上・・・あっ

必要な【知識と技術】はたった2つとか言ったけどやっぱり追加するわ

メンゴメンゴ


(続くかもしれない)
関連記事