博多湾五目んぐ

KIMG0559_2020.jpg


はぁ、9月ももう終わりか。

10月11月で風の向きにやきもきして、11月の中頃に冷え込みが始まって湾奥シーバスの抜け加減に注視して、師走の忙しさに気を取られていたらアッというまに年が暮れて・・・
このサイクルを人生で後何回繰り返すかはあなたの残機(つまり寿命)次第ですが、1年が終わるなんてアッというまだし、1年を10回繰り返すなんてガチのマジでリアルに「瞬く間」ですぞ。

気がつたら「何も成さずに終わりがみえてる」なんてことにならないように・・・なんて殊勝なことをぼくちゃんが人に対して想うワケないじゃないですか。





誰がどこで腐ろうが関係ないに決まってるやん(真顔)

ってんで9月らしい曲を選んで車を走らせ・・・





(セプテンバア)
そして貴方は
(セプテンバア)
秋に変わった
(シュビドゥビドゥバッバ)

うーん、これ、サゴシかカマスのことを歌ってるんやろうなあ・・・染みるなぁ







と、夜明けて間もない某所に到着すると






人 大 杉






なにこれ、「あそこでサゴシがフィーバーしてる」みたいな情報が巷を駆け回ってんの?

まぁどちらかというとアジングがやりたかったからいいけどサ(震え声)

なんて精一杯の強がりを見せながらエントリー

で・・・


KIMG0539_2020.jpg


なんか様式美になってきたな、一投目でチビキャロスワンプがフグにボコボコにされんの。

ダメだここ、ダメダメ。

誰だよアジングだから関係ないっていったヤツは、出てこいよ!

へへへ、スミマセンねぇ、ここフグばっかりでしてねぇ、へへへへ・・・ちょっとそちらに・・・へへへへ。

みたいな卑屈なサラリーマンスマイルを撒き散らしながら場所乞食移動。

すると・・・


KIMG0542.jpg


カマスの猛攻つーか、異様にカマス圧が高いスポットを発見。

カマスは好きだ。

カマスの釣りは単純すぎて味がないけれど、カマス自体の味は好きだ。

つまり食べるのが好きだ。

処理もアジより楽だし。

どーすんのこれ・・・?

ちょっと保留して


KIMG0543_2020.jpg


ん・・・


KIMG0546.jpg




ん・・・


KIMG0550.jpg


ん・・・


KIMG0491_2020.jpg


(↑写真は前回のアジングより)
ん・・・


それから刺し身に出来ないようなリアル豆アジが数匹


よし、今日はカマスと心中してやるってんで頑張ると・・・


KIMG0561_2020.jpg


カマスサビキでの釣果をも含めて40弱

アジングタックルでやると面白いけれど損害が面白くない。
シーバスタックルでカマスサビキの先端にメタルジグにを付けてしゃくるとローコストで鈴なりに釣れるけど釣り味的には面白くない。

考えた結果、核戦争が起きて日本には津山市に20ktの核ミサイルが直撃・・・日本壊滅は免れるも食糧難の時代に突入してしまい、その冬を目前に控えた人になりきるというロールプレイをすることに。
ありがてえありがてえ、これで冬が越せるだ・・・なんてことをブツブツ呟きながらアジングタックルとシーバスタックルを交互に使って釣るという画期的アイディアでしたな。

ガチでやると束(つまり100)行ったと思いまする。


あ、カマスの口直しにサゴシも狙ってみましたが、結構シブかったです。


KIMG0556.jpg


サンマみたいに細いし・・・この前とは別の群れか?


KIMG0562_2020.jpg


結局アジを含めて7目・・・アジングは色んな魚が釣れて楽しいなぁ

もうちょっとこういう釣りを楽しむもよし、そろそろISOに目を向けるもよし、湾奥シーバスに絞るもよし・・・何をするにも自由だけれども今年の秋は今年しか来ないぞ!

ちゃんちゃん!
使ったルアーズ


KIMG0557_2020.jpg

ジグでもバイブでも鉄板でもいいけど、鉄板を使うとまぐれのシーバス率が高いぞ!

こんなタックルを使っています






関連記事