秋のイワシ付きシーバス・・・略してイワシーバス

DSCN1939_2020.jpg


10月

大潮




何も起きないはずがなく・・・





条件が揃っていていい感じ・・・最初のお目当ての場所に到着するとやや遠方に先行者の姿が見えますが、自分が立ちたかったところは空いてたのでノープロブレム。

じゃぶじゃぶドボドボと、もし人がみていたらきっとドン引きするであろう勢いでディープウェーディングに臨みます。
とりあえず場所は確保・・・が、ここで喜ぶのは早計というもの。

ぶっちゃけ今年はずっと不調なんだよなぁここ。
なんでやろか・・・?

腰どころか胸に強く水圧を感じながらキャストを続けること1時間強、ガルバ73でゴーマル弱くらいのフッコが釣れますがハンドランディング中にバラシ。
顔にドブのエッセンスがギッシリ詰まった水をブッかけられて(少し飲んじまったじゃねーか・・・)


「UC79はこういうバラシが連発するからウェーディングネットが必要なんだよなぁ、小さいから仕方ないよなぁ」


みたいな余裕をコイてみせますが、内心は穏やかではありません。
クソックソッfuckが

更に30分くらい投げ続けますが、ベイトの影がまるでみえないことに業を煮やして移動を決断。
ワタクシは自他共に理論派であると認めるアングラーですが、(理由がハッキリしなくても)ここはダメであろうという直感には意外と素直に従うのであります。




<br

で、二ヶ所目。

ひと目見てベイトが入っているのがわかる・・・というか広範囲で捕食されているのがわかる。

とりあえず広く早く探ろうって感じでマニックを投げると・・・


KIMG0802.jpg


oh...


え、これ、ひょっとしてイージーなフィーバーをご馳走になれる感じ?







と、思ったら全然食わん。


なんてゆーか?

超セレクティヴって感じの?


終電過ぎちゃったしアタシの家で続きやろうよ・・・って呼ばれて上がって小一時間飲んでいたらボディータッチが増えてきて時折わざとらしく目を瞑ってる気配がしたのでそっと灯りを暗くして脱がそうとしたら下は重装甲のガードルで「今日はムリだし」と言われるくらい理不尽に食ってこんのです。


え、よくわからない・・・?


ま、いいじゃないですか。

とにかくイワシは辺り一帯絨毯を敷いたように存在していて、あちらこちらで突き上げボイルが起きているのに謎の渋さで食ってこんのですよ。


KIMG0805_2020.jpg


もうね、下手にロッド入れたら即イワシが突き刺さってくるレベルの密度なんです。

トップがいいんかなと思ってソルトスキマーに一瞬だけ替えてみたらイワシを突き殺しながら猛進する形になったのでトップゲームはギブアップ。


(ルアーの)サイズがいかんのか?

と思ってロケットベイト75を選択してみると







DSCN1934_2020.jpg


フィィィィィィーッシュ!

・・・と喜ぶにはちょっとムリがあるフッコ。

でもこれ、多分違うんだよなぁ
ルアーサイズが大きくてもだめだけど、ローリングアクションもダメな気がする。
このロケットベイト75はトレースコースがたまたま理想的だったので食われたけれども、実はこれもハズレルアーな気がする。

あ、ちなみにミノーは表層直下リップレスだろうが細身小型だろうがダメダメと既に判明しています。
ことごとくダメ。


小型シンペンでウォブリングメイン・・・まぁワンダー80系ねってことで某所で購入できるハンドメイドのウッド製シンペンを選ぶと


DSCN1942_2020.jpg


一回り小さいフッコ





ア~ンド


DSCN1943.jpg


クソみたいに小さなセイゴ(笑)


ふーん、こういうことね・・・全てを理解していきます。


dolldevil.jpg




サイズとアクションもそうだけどトレースもめっちゃ大切つーか、下手したらサイズ感やアクションの質より重視せなあかんバイタルファクターなんやな。

あちこちでワシャワシャ追い立てているのはメザシーバス。
スズキサイズはじっと待ち構えていてちょっとでも外したら見向きもしないイメージ。

そういう「待っているお客様にルアーをお届け」って感じの釣りに得意なガルバ73で・・・








ぶっちぎられました
当日は巨エイの仕業であろうと思ってましたが後日、ランカークラスのスレ掛かりであることが発覚します







ちょっと古いPE0.8号にUC79の組み合わせだとラインに負荷が集中してロッドのパワーを活かすことができんかった。
やっぱり1号と0.8号とでは、劣化後の信頼性に天と地ほどの差が出るなぁ・・・何をするにしてもこのラインは廃棄やな。

この後、スズキクラスをエリア10EVOで1匹追加で掛けますが、緩めたいのか強引に寄せたいのか方針が定まないままリール主体の漫然ファイトでフックアウト。

このタックル編成では自信のあるファイトができないことを理由に納竿しました。

使ったルアーズ


DSCN1937_2020.jpg



こんなタックルを使っています








DSCN1929_2020.jpg


使用フィッシュグリップはコチラ
関連記事