平鱸3鰤1鯔1

KIMG0812_202202.jpg


言うまでもなく2月は磯ヒラマンにとってもっともタフな時期である。

出るサラシは素晴らしい
磯の過疎具合も素晴らしい
ところがどっこい、撃てど鳴けどもなかなか釣れてくれないのである。
歩いた距離・撃ったサラシの数と釣果がまったく比例しないのである。

そしてニクイのが「まったく釣れないことはない」という事実。

実のところ、ちょっとした溜まりを引き当てるとソコソコ釣れたりする。
が、それ故にドツボにはまるのである。
「ちょっとした溜まり」を引き当てることができる人は少数派で、大多数はナシのツブテを喰らうか、1日粘ってやっと巡ってきた1回か2回の機会に裏切られてしまって発狂してしまうのがオチ・・・

いっそのことまったく釣れない時期であってくれたほうが諦めがつくのに、そこが悲しい釣り人の性よ・・・僅かなチャンスに賭けて行ってしまうのである。





一級磯ヒラ師認定(国家資格)を受けているぼらおさんから言わせると、冬の磯ヒラのコツは過大な期待を抱かないこと。

もしかしたら今日は釣れるかもしれんね、程度の気持ちで行くといいです。
過去の実績がある場所に執着することなく、一箇所で粘ることなく、ポンポンポンと撃って歩いて移動を重ねるのがコツです。

気持ちはライトに、足はハードに。

冬の磯ヒラのキャッチコピーはコレよ、コレ。


DSCN4329.jpg


気温一桁台・・・ひょっとすると0度前後で風速10mの朝マズメの海に立つって何かの修行・・・いや苦行か(笑)

そういえば昔はよく濡れて寒い思いしてたけど最近は全然濡れんな。
立ち回りスキルが上達してるんだろーな。

なんて思っていたらヒット


DSCN4334.jpg


50あるなし

ガチャガチャ洗濯機状態の中から


DSCN4333.jpg


セルフ津本式をやっちまってるのでキープ






こんな濃いサラシの中からミノーに飛び出てくるわけだから


DSCN4338_2022.jpg


魚影の濃さはともかく活性は高いとみていい

一日の初めにバイタルな情報を得られたのはラッキー

足場を替えて


DSCN4346_202202.jpg



ウム・・・ウムッ!

サラシが厚いせいかアピール強めのミノーがいい。
アピール控えめなミノーには出なかった・・・これも有力な情報である。


DSCN4354.jpg


!!!

白子もちか


DSCN4349_20220.jpg


1匹持ち帰るのも2匹持ち帰るのも同じダロってことで〆


DSCN4339.jpg


散発的なヒット劇は続く・・・かと思ったらファックな亀の手

ゲットした2匹とは別にすぐにフックアウトした1ヒットがあったので、結局3ヒット2ゲットで最初の磯を去ることに。

・・・と、磯からの道を登っているその時、今からこの磯に降りようとしている人の姿が遠くに見えたので近く茂みに隠れ潜む(苦笑)

ぶら下げているヒラスズキを見られたくなかったんですよね。
ほら、あるじゃないっすか・・・あまり釣れてない人が他人が釣った魚をみて「ここは実績がある磯」と記憶して場所に対する強い執着心を出すことって。
特に冬は釣れてない人が多いので用心に越したことはないっす。

ベトコンのようにヤブの中で息を潜めて待っていると、降りてきたのはフカセ師。
別に隠れなくてもよかったよな・・・と思いつつも、いまさら出るに出れないので通り過ぎるのを待ちます。
今日はサラシがキツイ日だからフカセなら「アソコ」しか立てないんじゃないかなー・・・と考えながら眺めていたら、なんの躊躇もなく「アソコ」に降り立つお兄さん。
あー、この人、場馴れしてる人だワ。
こんな日(激荒れといってもいい日)にフカセを止められないってかなり終わっとる人だワ。
フカセ素人からみたらフカセが成立するのかどうかかなり怪しい感じがしますが、たぶん成立するんでしょう・・・ウン。
迷わずあの釣座を選んだ感じからすると釣れるという確信があるように見受けられる。

さ、休憩終わり次いこか。







で、やってきた3磯目(2磯目は1時間1乗らないバイトで終了)


開始早々にヒット!!


うおおおおおおおおおおおおお









お?


DSCN4367_20220.jpg


ワイやでぇ(ニッコリ)


DSCN4370_20220.jpg


良型スレがかりの上に頭が逆方向に向いてる(つまりいくら寄せても頭は沖を向いてる)状態だったからランディング苦労したわ・・・

大体なんでコイツがここにいるんだよって海を見てみたら

あっ・・・


DSCN4366.jpg


わかります?このボラベルト(往年の南米古豪国代表の正GKではない)


DSCN4366b.jpg


そこにも


DSCN4374_20220.jpg


ここにもボラベルト(積極的に飛び出して攻撃参加することで有名なGKではない)


DSCN4374gv.jpg


あたり一面ボラだらけじゃん・・・


DSCN4384.jpg


磯の沖の潮目に沿って大量のボラが泳いでる(おそらく表層を浮遊している海藻の胞子体などを食べている)のって春に見かけることがあるんですけどね、こんな冬にも出るんか。

こんだけボラが密集してたらプレデターは寄ってこれないだろうな・・・ってことで案の定、3磯目はナイナイナイの内藤昌豊で終了。

◯ねよチラベルト


で、やってきたファイナル磯(4磯目)


既にサラシの勢いが落ちていてビミョーな感じが漂う。
かといって時間的に選択肢はもう他にない。

まーしゃーない・・・



とっ!?



KIMG0808_20220.jpg



体高だけは見事なヤズ


KIMG0811_20220.jpg


やたら重かったけど、引きはただのヤズ

ま、こんなモンかな・・・



とっ!?



KIMG0821.jpg


フィネスなミノーに替えた途端に出たヒラセイゴ。


これで平鱸3(アタリの総数は5)鰤1鯔1


厳冬期にしてはまァ上出来、という結果。
ちなみに投入された労力には見合ってないと思いまする

1回カスッただけの2磯目とボラに占領された3磯目でも前向きな気持ちのまま「さぁ次へ」という姿勢を保てたのが良かった。


気持ちはライトに、足はハードに。


春が来るまでマジでこれよ、これ。

使ったルアーズ


DSCN4362.jpg


今回もお世話になりました・・・
オススメカラーは1にピンクイワシ、2にレーザーチャート



KIMG0823_20220.jpg


このカラー(全身チャート)、磯にとても強い気がする・・・

こんなタックルを使っています








関連記事