ダイコーの遺産・・・「ロッドコム」



ロッドコム

ロッド・コムのロゴマーク色は紅白(赤白)、大丸興業(株)のダイコーのロゴマーク色が紅白であり存続を願って10年前に設立、現在に至っております。

この度、大丸興業(株)様が釣具の撤退を発表されて、弊社も志半ばで大変残念に思いますが、仕方がありません。私たちは、ダイコー時代からの元従業員(大半)であり設計・生産技術及び経験も受け継いでいます。

釣竿職人であります。

今後は従来のOEM先様の継続受注と新規のお取引先様の獲得に頑張りたいと思います。

釣竿メーカーになれるように努力いたしますので、一般のお客様並びに釣具業界の関係各社の皆様方どうぞよろしくお願いします。





要するに


「ロッドを生産してあげるから、ロッドメーカーになりたい人(会社)いたらよろしこ~」



ということ。

以前このブログで「オマエはダイコーの何たるかを知らないのにダイコーの何を語ってんだ!あん?」なんて息巻いていた方々には、是非、個人としてロッドコムに発注を入れて頂きたいですね。

「俺達が買い支えてきたんだぞ!」なんてタンカを切った人もいましたしね。









というのは冗談として、方向性としては「素人に毛の生えたアングラーのプロデュースでも数十本単位から作ってあげる」メーカーを目指すのもアリだと思います。



勿論、最低ロット数がそんなに少なくていいようにするには、相当優秀な「テンプレート」を複数用意しておく必要がありますが、腕に覚えがあって尚且つ「釣りで稼ぐこと」に色気がある人、アングラーとして雑誌寄稿などを通じて名声が高い人なんかは、意外と30本くらいは捌けるんじゃないですか?

いや、その辺は自費出版と同じですから、ロッドが売れようが売れまいがロッドコムには関係なく、その人が自爆したことになるだけですし。

あ、ロッドの自費出版っていう考え、中々いいですね。

勿論全部前払いで(サンプル制作は3本までXX万円、その後の生産数は30本ならXX万円、50本ならXX万円、100本ならXXX万円、レングスやパワー違いモデルの展開は応談・・・オリジナルマンドレルからの製造は不可、なんて)。


余談ですが、以前、自分は業界は違えどこういう類の世界に身を置いたことがあるので、大体の「相場」はなんとなくわかります。

ルアーロッドの(嗜好品という性格が強いが実用品でもあり、なおかつ職人芸が求められる軽工業製品)の製造原価は大抵20~25%くらいでしょう。

もしロッドコムが1本12500円で発注者に売ってくれるならば、ほぼ自動的にそのロッドの希望小売価格は50000円になるはずです。

5万円の配分は大体こんな感じでしょうね。

ロッドコムが20~25% 10000~12500円
発注者が20~35% 10000~17500円
小売が40~60% 20000~30000円(ただし、店頭値引き分は負担)

委託か買取か、販売形態で掛率は変わる(年間取引高やワガママな返品対応の多寡にもよる)と思いますが、いずれにせよ無名のアングラーがプロデュースしたロッドが小売流通網に乗る、なんて可能性は限りなくゼロ。

自分のツテのみで50本を売らないといけない・・・・という悲壮感溢れるストーリーになりそうですが、どうでしょう。

逆にいえば小売店のマージンがないわけですから、50000円の品質のロッドを25000円で売るアプローチが出来るチャンス、あるいは自分の取り分が75~80%=37500~40000円になるチャンス(売れるならば、という但し書きがつきますが)ともいえます。








そういうわけで、ダイコーの「信者」であることを自負していたみなさん、ロッドコムの
http://rod-com.co.jp/publics/index/3/
問い合わせフォームに是非、オリジナルロッドの発注は可か否かを聞いてみてくださいね。
勿論、個人用として1本、なんて男らしくない注文はナシの方向で。







工場が九州にあるということで個人的にはかなり好意的に発展を期待しています。ロッドコム。中身はほぼ純粋なダイコー。
多分、2020年まではダイコーつながりで「安泰」だとは思いますが、それから先は独力になるでしょうか。
頑張ってほしいですね。
関連記事

Comment 4

2015.06.01
Mon
01:40

伊藤  

No title

お久しぶりです。

ダイコーロッドの良さ、あれから少しは理解できましたか?
・・・出来なかった(するつもりもなかった)から、こんな書き出しになってしまったんでしょうね。

あなたは以前のブログで「良いものを作る以上にどうやって売り込むかが大事」と書いていましたね。そんな人が「個人用として1本、なんて男らしくない注文はナシの方向で」なんて書く権利はありませんよ。それを書けるのは自分でそれを出来る人だけでしょう。あなたに自分のツテのみで無名のロッドを50本売れるだけの技量が無ければ、この記事の内容はニートが書いた自己啓発本と同レベルです。

「どうせ出来る訳ないけど、ダイコーがそんなに凄いなら売り捌いてみれば?」
きっとあなたは結論としてこう言いたいのでしょう。
ある程度経験を積んだ釣り人なら、HPがあって釣具屋に現物があるだけで買うべき竿は自然と分かるはずなのに、そうはならなかった。ダイコーが撤退した時点で、あなたの理屈は正論です。
しかし、ダイコー信者がロッドコムの将来を考えて買い支え、布教活動に勤しむ理由もまた、既に無いのです。

それはなぜか。
まず1つめは自分が一生困らないだけの予備を作ってもらうだけで済む問題だから。もちろん知りもしないで良し悪しを語る人には容赦しませんが、逆に押し売りのような真似をするつもりもありません。
そして2つめはダイコーの意志を継ぐ人が釣り業界にはいるから。これは約束できますが、数年後にある大手メーカーからそんな竿が必ず出ます。個人的にはロッドコムに縋るよりこちらに可能性を感じています。

と言う訳で、あなたにあーせいこーせいと言われる筋合いは有りません。
私は少なくともダイコーのロッドの信者であり、メーカーの再興や妄信的な営業活動には全く興味がありません。そしてダイコーを超えるメーカーが現れればそちらに躊躇なく乗り換えるつもりでいます。これ以上他人の信じ方に「こうであるはずだ」と勝手に仮定して記事を書くのは控えて頂きたい。

ちなみに、以前このブログのトルクに関する記事のコメント欄に貼られていたURLは、私のブログのものです。アクセス解析であなたのブログが出たので覗きに来たところこの記事を見かけたので、再びコメントさせて頂きました。

それでは。

2015/06/01 (Mon) 01:40 | REPLY |   
2015.06.02
Tue
22:06

東海のファン  

相手にしないのが一番

↑変なのが紛れ込んでますね。
私は、まだソルトルアーに転向してから
まだ、日が浅い者でボラおさんの
ブログ楽しく拝見だけしていた者ですが、
ちょっと我慢出来ない程気分を害したので、
コメントさせて頂きます。
今後もご無理の無い程度の更新期待しております。
まだまだ、初心者ですので竿のどうこうは
さておき、良い大人が自分の意に反することを
書いてる人がいるから、コメントにイヤラシイ文章を
入力する。
これだけで、虫酸が走ります。
きっと、年齢のソコソコいかれた、ネット
初心者で様々な耐性が無いのでしょう。
また、文章読解力も乏しいようで、
恐らく盲信的(こちらの文字の方がしっくり)な方なので
トンチンカンな解釈になるのでしょう。
普通に読んでいれば、↑の方の様な解釈には
なっていませんので、ご安心を。
以前何か有ってチクリと言ってるのは愛嬌
ですよね?
あーせいこーせいと言われている気も、
してはおりませんし、ボラおさんの意見を
楽しく拝読できているので
ご安心下さい。→(普通はそう)
本当に↑の様な輩は、ネットを使うべきで
無いと思うし、ブログなど言語道断!!
輩の精神衛生上良くないですのにね。
ボラおさんのブログで大っぴらに激しい反論も
し難いと思い、第三者的にどう思っているか
書かせて頂きました。御節介申し訳ありませんでした。
トンチンカンは無視が一番です!!
頑張って下さい。

2015/06/02 (Tue) 22:06 | EDIT | REPLY |   
2015.06.07
Sun
23:16

わか  

こちらは、個人のブログですので思ったこと書きたいことを書けばよろしいと思います。まあ、ダイコーユーザの私自身も?となることはありますが、ここを議論の場とは捕らえてませんので、控えさせていただきたいところではあるのですが…。
ですが、ひとつだけ、「一般のお客様」とは、私のような一般的なユーザーを指している気もしますが?
いや、そこはわかってやってますよね?多少面白くするためでしょうが、ちょっと毒が強めですね 笑

2015/06/07 (Sun) 23:16 | REPLY |   
2015.06.08
Mon
00:55

わか  

「一般のお客様」とは私のような買手に対しつまり自社ブランド出したら、買ってね!では? まあ、ほんとはわかってますよね~☆

2015/06/08 (Mon) 00:55 | REPLY |   

Leave a comment