シーバス道

KIMG1542.jpg

なにを突然、と思もわれるるかもしれませんが、やっぱり深い

「シーバス道」

ある日突然、自分のアホさに気がついて、お金が無いクセに、なけなしの銭をはたいて、あるアイテムに注ぎ込む始末・・・




KIMG1525.jpg

釣行記を書くまでもない釣行でフグが釣れました。

それも一匹だけではなく、次から次へと釣れました。

そこまで連続してフグアタックが続くと、ルアーに接触した瞬間

「あ、またフグ」

という具合に、否が応でもフグのアタリを判別できるようになるわけです。

そして、そのフグのアタリの濃度から、そのポイントはダメだと理解して去るべきなのですが、時間的に移動の余裕がないので仕方なしに居座り続けます。

やがてセイゴが釣れたので、狙い方によってはもしかして・・・と、ヘタクソなりに頭を使い始めるわけです。

KIMG1537.jpg



ルアーを変えて続行することしばし、フグの邪魔もありますがシーバスのバイトが結構な割合で混じっているのにまったくフックアップしなくなり、時間終了でその場を去りました。






そして、その翌日、何気に始めた時間潰しのタックル整理で気が付きました。





ルアーケースに入れているルアーの

フックの鋭敏さが足りないんです

今の時期の繊細なバイトに対して

針先が鈍すぎるんです






フックの調子に無頓着だったわけではありません。

むしろ定期的にチェックしていたのですが、去年の秋冬シーズンの感覚をそのまま引き摺って

「これくらい(劣化しても)まだ大丈夫」

という間違った解釈をしていたんですね。




だから、釣れたはずの魚が釣れなかった。







そういうわけで、今のシーズンに出動する機会があるルアーのフックを総点検して、必要なフックを買い求めて付け替えました。

付け替えてからまだ釣行には出ていませんが、多分、バリバリに差がでると思います。

フックの大切さを知っていたつもりで、「シーズナルな違い」には無頓着だった、という話でした。

いや、ほんと、本当に違うんです!

奥が深い、シーバス道。









尚、フックに関しては

ST46#8と#10は「消耗品」であることからそのままカルティバを。
ST46#4 #5 #6に関しては使用頻度が中~低のものは

ガマカツ トレブルSPの相当品を選びました。


使用頻度が高いものは、「あまり使わないのに保管中に劣化することを防ぎたい」という観点が不要なので、カルティバを引き続き選択。

ガマカツトレブルRBは刺さり自体は最高にいいのですが、曲がりに弱い気がするので一部の小型フック(大抵はバチルアーorバイブ)にしか選んでいません。






こうやってフックの話が少しできるようになると、アングラーとしてのステージが上がったような気がして、ちょっと嬉しいですね。
関連記事

Comment 6

2015.05.07
Thu
15:39

viola  

初めまして。

初めまして、大阪の魚種不特定アングラー(苦笑)Violaと申します。
エリテン並びにエリエボ記事で遡って来ました。。
深い考察に、中毒性の有る文章(良い意味で)仕事の合間に過去記事読んでたりして、楽しく拝読させて頂いております。
また宜しくお願い致します。

2015/05/07 (Thu) 15:39 | EDIT | REPLY |   
2015.05.07
Thu
20:46

ぼらお  

No title

励みになるコメントありがとうございます!

自分もエリア10とエリア10EVOに頼りっぱなし。

特にEVOは使い方の奥が深いのでヤバいですね~

2015/05/07 (Thu) 20:46 | REPLY |   
2015.05.07
Thu
21:50

viola  

No title

ぼらおさん、お返事ありがとうございます。

フィール120も好きですが、エリテンの引き出す力半端無いですね、、

エボは記事を読んでみて、試すのですが、なかなかバイトが有りません。。苦笑
エボへの懐疑心に負けて、エリテンで釣るってパターンを今夜も繰り返してしまいました。。。泣

早くエボで一匹上げたいです。。

2015/05/07 (Thu) 21:50 | EDIT | REPLY |   
2015.05.09
Sat
10:32

ぼらお  

Re: No title

EVOはノーマルと同じで、ティップ上げての引き波デッドスローでも十分釣れます。

EVOの奥が深いトコロは、同じ引き波デッドスローでも、ノーマルと違うティップの高さ・位置・リトリーブ速度でノーマルに出ない魚を引き出せる点です。

「普通ならぜんぜん泳がないアクション」が、流れの変化であったり、ティップの位置だったり、リトリーブスピードだったり、様々な要因で「ちょっとだけアクションする」・・・そしてまた泳がないアクションに戻る。これが釣れる要素のようです。

この一連のフローを狙って操作できるようになると、めっちゃ面白いルアーです!

2015/05/09 (Sat) 10:32 | REPLY |   
2016.01.31
Sun
15:09

貧弱  

ぼらおさんの記事を読み返して、幼い頃使いこなせなかった
スーパーロビンを思い出しました。
多分今手元にあれば泳がせられる はず(汗

2016/01/31 (Sun) 15:09 | REPLY |   
2016.02.01
Mon
12:51

ぼらお  

Re: タイトルなし

> ぼらおさんの記事を読み返して、幼い頃使いこなせなかった
> スーパーロビンを思い出しました。
> 多分今手元にあれば泳がせられる はず(汗

画像検索してみたら出来損ないのラパラのようなルアーが・・・w

2016/02/01 (Mon) 12:51 | REPLY |   

Leave a comment